東京 カジノ プロジェクト スロット

東京 カジノ プロジェクト スロット

そう思ったけれど、敵艦は当たり前のように3連装砲や4連装砲を搭載している大型艦ばかりだ

あなたも好きかも:パチンコ タイガーマスクw セグ
それに対し、こっちは連装砲を搭載した50m程度の戦艦や、それよりも小型の装甲艦ばかりである

 多分、勝負にならないだろうな

 副官と指揮官が話をしている間に、敵戦艦の主砲が火を噴いたのが見えた

太い砲身の先端部で爆炎が迸り、それを突き破った大型の砲弾が天空へと解き放たれる

けれどもその砲弾たちはすぐに高度を落として、大地に落下するだろう

 その落下する場所がこの沿岸砲台群になるのは、想像に難くない

「そっ―――――――総員退避ィィィィィィィィィィィッ!!」 もっと早く退避させてくれ、と思いながら、自分が担当するスチーム・カノン砲から離れる

司令部の方へと向かって走り出した仲間たちを追いかけながら、全速力で突っ走る

 信じられない話だけど、数時間前にこの軍港から出撃した艦隊と連絡が取れないらしい

あなたも好きかも:金欠 パチンコ
もしかするとテンプル騎士団艦隊に遭遇して、あっという間に轟沈させられてしまったのではないだろうか

あなたも好きかも:パチスロ 終わり
 こっちの主力艦隊を無傷で打ち破った挙句、逆にこっちの本陣を叩き潰しに来たということなのか

 化け物だ、あいつらは

 未知の兵器を使い、敵兵たちを次々に蹂躙していく鋼の怪物たち

 その怪物の餌食になるのは、このフランセン騎士団なのだ…………

 もう一度敵艦隊を見ようと思った直後、後方に配備されていた沿岸砲台群たちが炎に包まれた

爆炎が重いスチーム・カノン砲を易々と吹っ飛ばし、崖の下へと突き落としてしまう

中には装填されていた砲弾や、砲弾の中に充填された魔力が誘爆して、敵の爆炎に手を貸してしまう砲台もあった