スロット ダンガンロンパ 有利区間

スロット ダンガンロンパ 有利区間

 けれども、私は猛烈な違和感を感じていた

あなたも好きかも:ブックメーカー 手法
 ヴリシアで出会った試作型(プロトタイプ)であるブラド(アインス)の話では、現時点では第二世代型転生者はタクヤとブラドの2人だけ

輪廻が彼に知らせず、極秘裏に3人目の第二世代型転生者を”製造”していたのであれば辻褄は合うけれど、第二世代型転生者がまともに戦える程度に成長するには時間がかかる

あなたも好きかも:ギルクラ 歌 スロット
 ということは、3人目(ドライ)が用意されていたのはかなり前ということになる

 この世界で自由に行動させていたブラドやタクヤとは違って、最後の最後に投入するためにとっておいた切り札だとでも言うの? もしこいつが輪廻の切り札だというのであれば――――――――ドライは知っているという事になる

 数多の転生者を生み出す、輪廻の情報を

 セレクターレバーをフルオートに切り替え、少しだけ弾丸をばら撒く

その隙にタクヤはAN-94のマガジンを交換しながら立ち上がり、外殻を生成した左手を樹の幹に突き立てながら樹の上に登り始める

あのまま枝の上をジャンプしながら移動して肉薄し、ナイフで白兵戦を挑むつもりなのね

あなたも好きかも:慶次 スロット 期待値
 ならば、私はケーターを警戒しながら彼を援護するとしましょう

 彼の作戦を理解しつつ、私はちらりとケーターの方を睨みつける

 ケーターは真面目な表情でドライと私たちとの戦いを観戦しているだけだった

武器を引き抜いて援護する様子はないし、私たちがドライと戦っている最中に後ろへと回り込み、急所にナイフを突き立てようとしている様子もない

ただ単に森の真っ只中で棒立ちになって、銃撃戦を見守っているだけだった

 援護するつもりがないの? 私が見ていることに気付いたケーターは、すぐに姿勢を低くしながら別の場所に移動してしまう

けれどもそのまま逃げるつもりではないらしく、そのまま私たちの戦いを観戦するつもりみたい