ブラック・ウィドー

ブラック・ウィドー

 焼き型なるものがあれば取り出せるようにするそうなのだけど、この国にはその器具が無いので、素焼きの器ごと調理するらしい

 湯を張った天板にその器を並べ窯の中へ

 焼き色を確認しながら、湯を足したりしつつ、約半時間ほど焼いた

あなたも好きかも:ベーシック ブラックジャック
 その間にサヤは先程の残った汁を使って、小麦粉や他の材料と捏ね、麺麭を作るのだから凄い……

「ホエーはとても栄養が多いので、捨てるにはもったいないですから

 スープにしても良いのですけど、少し酸味があるので麺麭に入れた方が食べやすいかもしれません」 生地が出来上がると、固く絞った手拭いで包んで、発酵させるそう

 今日の晩餐にはその麺麭を出してくれるという

あなたも好きかも:まどマギ 叛逆 スロット 穢れ
「さてっ

あなたも好きかも:テラフォ スロット 評価
それじゃ、そろそろ完成だと思います

みんなでお茶にしましょうか!」 ◆ 作業に没頭するギルは、俺が半ば無理やり引っ張り出した

 ワドに確認したから大丈夫

 ちょっと根を詰めすぎているということで、むしろ喜ばれたくらいだ

「あのなぁ! 時間が無いって分かってるだろ⁉︎」 だけど当の本人はご立腹

何やら行き詰まっていたらしい

 彼にしては珍しく、声を荒げて怖い表情

不機嫌を隠しもしない

 でも、こんな姿をリヴィ様に見せてしまっては、頑張った彼の方が可哀想だ……

「分かってるよ

だけどギル……リヴィ様が心配してるよ