羽根モノ パチンコ おすすめ

羽根モノ パチンコ おすすめ

胸を苦しくする過去から戻ってきたエーダリアに、ネアが腕を組んできりりと厳しい顔をした

どうにもならない局面がきたら、エーダリア様達はここに放り込めばいいのですね!出してくれと暴れても、数年もすれば諦めて大人しく暮らしてくれるでしょう」「わーお、ネアは強制的に避難させるつもりなんだね」笑って茶化したノアの隣で、エーダリアはなぜか青ざめている

「あら、私の大切なものなのですよ?またしても失われては困るので、誰かに悪さをされそうになったら隠してしまうのが道理

人間の業でしょうか」「い、いや、それを簡単に宣言するのも、実際にやりそうなのもお前くらいだぞ………」「む?私にここに幽閉されるのがお嫌でしたら、危ないことはしないで下さいね」「そもそも、お前達がここに来てからその種の個人的な危機に瀕したことはないな………」「私の身の回りの方に悪さをするやつは、ぺしゃんこにしてやります!戦闘靴で踏み潰してから、百万倍激辛香辛料で…」「その笑い方では、お前の方が悪役にしか見えんな………」すっかり怯えてしまったエーダリアはヒルドの方を振り返っていたが、まず間違いなくそちらも過激思考の保護者だと思う

ヒルドから視線をノア、そしてディノと移し、エーダリアは多分老衰で死ねるなと呟いた

ネアは誇らしげに頷いたが、もしくは心労だなと続けて呟かれて眉をぎりぎりと寄せた

あなたも好きかも:プラネット スロット
「エーダリア様、そんなことを言うとバーレンさんの鱗をあげませんよ!」「う、鱗?!」「はい

ダナエさんがバーレンさんを寝惚けて蹴り飛ばしてしまったそうで、その時に剥がれた鱗があったからと、送ってくれたのです

あなたも好きかも:インフィニットストラトス スロット 中古
エーダリア様が竜好きっ子なのを覚えていたそうですよ」ネアとしてはエーダリアが疲れていそうな時にでもカンフル剤代わりにあげようと思ったのだが、つい喋ってしまった

あなたも好きかも:パチンコ 大阪 来店
もう手を差し出されているので、渡してやるしかない

ついついムキになってしまった己の浅慮さを恥じつつ、ネアはエーダリアの手に淡い銀白の鱗を乗せてやった

「………白銀なのか!」「バーレンさんはすぐ擬態してしまうようですが、本来は銀白に淡い金色の煌めきのある竜さんだそうです

とは言え、だいたいいつも瞳の色と同じ青い竜の姿をしているそうで、ご本人は青い竜に生まれたかったみたいですよ」「竜にも、そういう欲求があるのだな」「ダナエさんのように霞になることにも憧れがあるそうで、練習してみたけど出来なかったのだとか」「あの竜は、アリステル派の聴取で聞いていたのとは、随分印象が変わるな」「ふふ

それはきっと自分より人生経験が豊富なダナエさんに会ったからでしょう

バーレンさんはきっと、本当は誰かを導くのではなく、誰かに教えを請うたり、甘えたかったのかもしれませんね」ネアはそこでちらりと、ノアと話しているディノを見た

ディノにも言えることだが、人外者達はその艶麗な見目から想像もつかないようなことを望みとすることがある