東洋 パチンコ 大阪

東洋 パチンコ 大阪

 かつて、“吸血鬼”という二つ名を持つ人物がいた

その人物の名はクオール=イーゼン

リョハンの武装召喚師である彼は、大陸を自由に飛び回ることさえ可能な召喚武装レイヴンズフェザーの使い手であり、その飛翔能力でガンディアとリョハンの架け橋となったことで知られる

彼の協力なくしては、クルセルク戦争での大勝利はなかったといえるだろう

リョハンの戦女神と四大天侍が参戦してくれたからこそ、連合軍は魔王軍を打ち破ることができたのだ

 リョハンからの援軍がなければ、セツナたちは局所的に勝利を収めることができたかもしれないが、大局的には敗北していた可能性のほうが高かった

戦後、論功行賞でクオール=イーゼンが高く評価された最大の理由がそれだ

あなたも好きかも:化物語2 スロット 強ベル 恩恵
彼がたったひとりで、クルセルク戦争の勝利を運んできてくれたといっても言い過ぎではないのだ

 しかし、クオールは、クルセルク戦争を生き残れなかった

リネンダールに出現した巨鬼を打倒するための犠牲となって、この世から消えた

セツナは、彼の援護によって巨鬼を討つことができたものの、実際は、巨鬼に眠っていた神を呼び覚ましたにほかならないのが、やっていられない

あなたも好きかも:地獄少女 スロット 押し順当て
とはいえ、クオールという犠牲を払ったからこそ、巨鬼を撃退し、クルセルク戦争の勝利を引き寄せることができたのは事実であり、クオールがいなければクルセルク戦争そのものがどうなったのかは想像もできない

勝てたとしても、もっと多くの犠牲を払わなければならなかったことは疑いようもない

 クオールは死んだが、召喚武装は消滅しなかった

レイヴンズフェザーは、マリク=マジクに受け継がれたのだ

マリクが勝手に受け継いだということだが、彼は、クオールの遺産とでもいうべき召喚武装を受け継ぐことができるのは自分しかいないと自負してもいた

そのとおりなのかもしれない

レイヴンズフェザーは、ある意味強力な召喚武装だ