松戸 パチンコ おすすめ

松戸 パチンコ おすすめ

 普第22師団は「大砲撃戦」の間、シュヴーの南東側に展開した同師団砲列の後方で待機していましたが、砲撃終了直後、師団の驃騎兵第13「ヘッセン第1」連隊斥侯から「敵がシュヴィイから撤退した」との報告を受け、フォン・ヴィッティヒ師団長は「シュヴィイを占領する」としてその準備を麾下に命じました

あなたも好きかも:ラブ嬢プラス スロット
これにより普第95「チューリンゲン第6」連隊と驃騎兵第13連隊の2個小隊は前哨としてジディ(シュヴィイの南南西5.1キロ)からオルレアン大森林西端までの間を警戒し、師団に同行していた普騎兵第2師団は西側に展開する大公軍主力と連絡するためボージョンシー・ル・キュイ周辺で野営に入りました

 マルティノー・デ・シェネ将軍は午後4時30分、殆ど弾薬を使い果たした部下をシュヴィイからセルコット(シュヴィイの南4.9キロ)に向けて後退させます

将軍はこの地で同僚ペタヴァン少将と会し、疲れ果てた兵士たちはセルコット周辺で宿・野営に入るのでした

あなたも好きかも:グレートブルー スロット
 仏軍砲兵の後退

☆ 12月3日午前の普第17師団とB第1軍団、普騎兵第4師団ロワニ会戦翌日のロワニ部落・教会と墓地 12月3日早朝

メクレンブルク=シュヴェリーン大公軍において、北独第9軍団への援助を命じられたフォン・ヴィッティヒ将軍の普第22師団と、一時ヴィッティヒ将軍に隷属することとなった普騎兵第2師団以外の諸隊は、大公が黎明前に発した命令を夜の明けた午前8時に受領します

 この時、普第17師団はそれ以前に大公が発していた「パテ方面へ敵を追撃せよ」との命令に従いオヌー(リュモーの東南東1.3キロ)周辺に到着していましたが、12月1日「ヴィルピオン」、2日に「ロワニ(=ラ=バタイユ)」と連日で激しい戦闘を行ったB第1軍団の疲弊・損耗は大きく、諸隊は未だロワニ周辺から動けずにいました

 しかし強気の軍団長フォン・デア・タン歩兵大将は、「バイエルン王国軍の意地を見せろ」とばかりに部下を叱咤激励して回り、直ちに進軍を開始させます

 昨日、ゴミエからヴィルピオンに掛けて激しく戦い、未だヴィルピオン周辺に居残っている仏軍を牽制するため、フォン・デア・タン将軍は右翼(西)側援護にB胸甲騎兵旅団を充て、更にこれとは別に支隊を設けると、昨日元仏教皇領ズアーブと死闘を演じたヴィルール農場(ロワニの南1.2キロ)を経由させました

するとたちまちヴィルピオンから銃声が轟き、B胸甲騎兵旅団に銃弾が浴びせ掛けられますが、胸甲騎兵に追従していたB猟兵第2大隊がヴィルピオン城館に向けて突進すると、その樹林庭園へ突入したB軍猟兵の前で多くの仏兵が手を挙げ投降したのです

あなたも好きかも:リゼロ スロット コンビニ 246
 この状況を知った仏第16軍団はテルミニエ近郊に野戦砲兵1個中隊を前進させてB軍団行軍列を砲撃させましたが、大した被害を与えることは出来ませんでした

 B軍は午前9時30分、リュモー(ロワニからは東に僅か4キロ)に到達し、命令によってB軍団と行動を共にする予定の普騎兵第9と第10騎兵旅団は入れ替わりにロワニ周辺で集合を終えました

なお、普騎兵第4師団残りの普騎兵第8旅団は、この時既にボンヌヴァルとシャトーダン方面(西)に対する警戒任務を開始していました

 午前11時前に大公は新たな命令を発し、普第17師団はオヌーからミュルヴィル(アルトネの西南西3.7キロ)を経由して前進し、B第1師団とB胸甲騎兵旅団、同軍団砲兵隊はスニー(同南西7.2キロ)を目指すと、B第2師団はその左翼(東)後方に連なり、普騎兵第9、10両騎兵旅団は右翼(西)後方に連なって南下を始めます

 この内、普第17師団は仏兵に遭遇することなく午後2時前後にシャムル(農場

シュヴィイの北西3.2キロ

現存します)付近に到達し、師団前衛に属する野戦砲兵第9連隊軽砲第5、重砲第5の両砲兵中隊はラ・クロワ・ブリケからシュヴィイへ退却中の仏第15軍団第2「マルティノー」師団を砲撃するのでした