パチスロ d'ステーション

パチスロ d'ステーション

 大本営はモーゼル西岸での決戦に備え、エルニーからポンタ=ムッソンへ移動することとなり、16日夕刻前、国王は大本営と共にポンタ=ムッソン市街へと到着したのでした

 この16日正午頃、国王が出発直前のエルニーには「マルス=ラ=トゥールの戦い」第一報が伝わっていました

 これはモーゼル西岸の状況を確認するため大本営より第3軍団本営へ派遣されていた参謀、パウル・レオポルト・エデュアルド・ハインリッヒ・アントン・ブロンサルト・フォン・シェレンドルフ中佐が午前9時30分にビュクシエールから送ったもので、「第3軍団は目下ルゾンヴィル付近の敵野営地に対し攻撃準備中

まもなく攻撃が開始される」という内容でした

 既に午前11時45分にはポンタ=ムッソンの第二軍本営から同様の報告が電信にて送られており、これを聞いた後にエルニーからポンタ=ムッソンへ移動した普参謀本部のフォン・モルトケ大将は、移動の車中で今後の作戦を黙考し、ポンタ=ムッソンに到着するや荷を解く間もなく、第二軍参謀長フォン・スティール少将が置いて行った状況報告書に目を通すのです

あなたも好きかも:パチンコやめる 壁紙
独大本営が置かれたポンタ=ムッソンの市庁舎 スティール少将はこの時既にカール王子と共に前線へ出発していましたが、正午頃までに得た情報と敵の戦力分析を詳細に記しており、これによりモルトケ参謀総長は「ルゾンヴィル付近の敵は普第3軍団より強力な戦力で対抗し、第3軍団を助けるため第10軍団の2個師団は既に戦場へ向かった」ことを知ったのです

あなたも好きかも:パチンコ 天国 三重 店
 しかしこの時点(16日午後早く)では未だにスティール(=第二軍本営)も「ルゾンヴィルでは単に敵の強力な一部分(後衛)と衝突したに過ぎず、今後周辺の3個(第3、10そして9)軍団で敵を北方へ撃退するので、第二軍左翼(南側)は予定通りムーズ川に向かって西進を続行すべき」としていました

あなたも好きかも:pubg スロット
カール王子を初めとする第二軍首脳は戦場で「現実」に直面するまで、「ルゾンヴィルの敵」に対抗するには3個軍団で事足り、状況を確認出来たなら後は現場の最上級士官でありカール王子旧知の部下、フォン・フォークツ=レッツ大将に3個軍団を任せ、第二軍本営は「敵主力」を求めて西進する軍左翼の指揮のため、ムーズ河畔へ赴こうと考えていたのです

 ところが参謀総長のモルトケ大将は、第二軍首脳陣とは違う「風景」を観ていました

 モルトケは大本営が集めた情報と冷静な状況判断とにより、独軍は今や重大な局面(若しくは危機)を迎えている、と断じたのです

 モルトケはまず、第9軍団が現在(16日夕刻)モーゼル渡河中であることを確認すると、後続する第二軍部隊(第12軍団と第2軍団)は本日中にゴルズ高地まで到達不可能なことを認め、先により近くにいる第一軍を速やかにモーゼル西岸へ送り込もうと画策するのです

 この主旨を独第一軍司令官フォン・シュタインメッツ大将へ通達するため、急ぎ大本営から参謀士官が一人第一軍本営へ派遣され、国王の名前で出された以下の口述命令がシュタインメッツ将軍に通達されました

「第一軍司令官は本日、直ちに第7並びに第8軍団を先行する第二軍の第9軍団に続行させ、翌17日早朝にはコルニー(=シュル=モセル)及びアリー付近で渡河を完了せよ」 この口述令を追ってポンタ=ムッソンより急使がモルトケの書簡を届け、それによると「明日早朝の第一軍主力によるモーゼル渡河は、本日ルゾンヴィル付近の敵に対し行われた第二軍の攻撃を発展させ、この敵を仏軍の一大拠点であるシャロン(=アン=シャンパーニュ)との連絡線より北へ押し上げ、パリ方面からの連絡を遮断するという大本営の戦略意図によるもの」とし、「(渡河の足手まといとなる)第一軍の輜重縦列は、別命あるまで全てモーゼル東岸に留めよ」とするのです

 更にモルトケは16日夕遅く、ポンタ=ムッソンに到着したばかりのザクセン王太子アルベルト・フォン・ザクセン大将に対し「第12軍団(ザクセン王国軍)は現在交戦中の第二軍右翼に対し翌17日、速やかに、また、確実に援助出来る態勢を整えよ」と命じたのでした

 具体的には「ザクセン歩兵及び砲兵部隊は17日午前3時、ポンタ=ムッソン周辺の宿営及び野営より出立し、ティオークールを経てマルス=ラ=トゥールに向かい、騎兵師団は現在地よりベルダン街道まで北上せよ」としたのでした

 さて、モルトケの命令を伝えるためポンタ=ムッソンを発した参謀士官は、途中輜重などの渋滞に巻き込まれ、午後8時になってようやくこの日(16日)第一軍が本営を構えるコワン=シュル=セイユ(ポンタ=ムッソン北東16キロ)に到着しましたが、その時には既にシュタインメッツ大将は、ほぼ大本営と同じ考えからモーゼル渡河に備える命令を麾下部隊に発令していました

 これはコワンへ移動中の第一軍本営に、第8軍団長フォン・ゲーベン大将の報告が届いたことに端を発します