タイガース

タイガース

「……もう、……もう、イサちゃんを……傷付けないで……」 震える声で訴えられ、岡崎は目を見開いた

それは洋一たちも同じ

だが、真琴は真剣な顔でじっと見ている――

 勇美はフッと怒りを消し、俯いて肩を震わせる優樹を振り返るとつないでいた手を離し、彼女の肩を抱いて優しく撫で、ぎこちない笑顔で覗き込んだ

「いいんだよユーキ

……あたしは平気

だからさ、泣かないで

あなたも好きかも:バスタード パチンコ ハーレムステージ
……ユーキがいれば、何言われたって平気だから

……だから、泣かないでよ

あなたも好きかも:オンラインゲーム サクサク
ね?」 優しく言い聞かせて肩を撫でる

慰める勇美の姿に、周りで窺っていた生徒たちが気まずさを露わにしだした

 “やばそう”だと思っていたが、そうではなかったのかも

あなたも好きかも:スロット 情報 完全 告知
 優樹は長い髪を垂らせて誰にも表情は見せず、息を詰まらせ泣いていたが、懸命に涙を拭い、震える声を発した

「イ、イサ……ちゃんっ……」「……うん? なに?」「……も、もうっ……ゲーム……やめてっ……」 すがる声に、洋一たちは目を見開いた――

「もう……終わりにしてっ……お願いっ……

もうっ……無理っ……無理っ……」 告げるだけ告げて、優樹は顔を両手で覆い背中を丸めて啜り泣く

その姿に洋一たちは戸惑い、互いに目を見合わせた