パチスロ is<インフィニット・ストラトス>

パチスロ is<インフィニット・ストラトス>

 一縷の望みを託し、きっとライナーだけは気に入ってくれると期待をこめて目を向けたものの――「なあ、キリスト

これ、全部僕の装備なのか……?」「え、うん

そのつもりだけど……」「これを全部身につけたら、舞台に立つみたいな格好にならないか……? 迷宮探索で使うには目立ちすぎる気がする……」「う、うん……

そうかもね……」 オブラートに包んでくれたが、ロードと同意見であることは表情から察することが出来た

 僕は僕の作ってきた装備の趣味が悪いという事実を受け入れ、素直に頷き返す

「次に作るやつは、もっと大人しい装飾にするよ……」「そうしてくれると助かる……」 ま、まずい……

 生産者として一歩前へ進んだ代償に、ライナーの僕に対する信頼が磨り減っている気がする

どうにかしなくては……

あなたも好きかも:スロット デュエルドラゴンキングダム
 そんな僕たちの暗い空気を嫌ったのか、ロードが声を張り上げる

「まっ、終わっちゃったことを気にしても仕方ないよ! それよりも、いまはご飯

あなたも好きかも:netflix パチンコ
ご飯を食べようよ

かなみんを待ってたせいで、童(わらわ)ってばお腹ぺこぺこだよ!」「そうだね

早く食べようか……」 ロードの提案に従い、新しい装備の話を打ち切り、僕たちは夕食を食べ始める

あなたも好きかも:ラオウ パチンコ屋
 これといった特別なことはなかった

昨夜と同じように軽く談笑をしたあと、魔法の訓練をして、そのままロードは帰っていった

 その訓練のついでに、エルフェンリーズを倒したことで溜まった経験値を消化して、僕のレベルアップを行う

もし、ライナーが神聖魔法を修めていなければ、レベルまで縛られていたところだ

レベルアップできる環境に感謝しながら、『表示』を確認していく