龍が如く2 パチスロ エース

龍が如く2 パチスロ エース

というかアリスが天才美少女じゃなかったら誰が天才になるんだって話よ

あなたも好きかも:ぱちんこ 必殺仕事人 総出陣 ボーダー
なに?おじいちゃんとか?でもあそこまで行くと最早同じ人間なのかすら怪しいじゃん……比喩的な意味でね?それに比べてアリスは、ちゃんと天才らしい天才だからなぁ……語彙力が無さすぎて『良……』としか言えない民になりそう、というか半分位なってる

だってさ?アリス……いいんだよ?すごく

その……してる、時もさ?私を気遣ってくれるようで……それで、お互いがお互いを食べる感じで……しあわせ、ってかんじの……ああもうっ!思い出しただけで恥ずかしくなるし、思い出しただけで嬉しくなる!片瀬花奈(わたし)を求めて感情を動かすアリスの愛おしさと来たら……「……花奈、どうしたの?」もう一回……そんなことを想わないでもないけれど、あんなのを繰り返してたら本当に壊れちゃう

なんか、色々……今までとは違う意味で壊れちゃいそうだから

「いーや、なんでも?ちょっと思い出してただけよ」「……!」アリスも同じことを考えていたらしく、顔を赤くして身もだえる

私もその時の情景を思い出してた羞恥に耐えようとして……そういえば、羞恥に悶えるのって美形以外だと何の得にもならないよね、ということを思い出してた無に還ってしまった

「花奈(マスター)~っ!!爽快なあ、さ………失礼、しました……」「あれ?ラスティ、そんな勢い……」なくしてどうしたの

あなたも好きかも:windows パチンコ
そう言うつもりだったけど、落ち着いて自らの状況を振り返ってみると、その反応も当然だった

何もこの間ずっと抱き合ってるわけで……しかも布団の下で

あなたも好きかも:理事長 パチンコ
「……うしないもするよね」うん、いつもと違って何も言い訳出来ない……「あれ?その反応もしかして──」黙秘権、行使するしかないのよね……

《サイド:栗原薫》…あ~

…そう言えば

海軍の軍船が停泊している場所から少し離れた砂浜で波の音を聞きながら朝食を続けていたんだけど

静かな一時を過ごしている途中で、ふとあることを思い出して御堂君に話し掛けてみることにしたわ

「ねえねえ、御堂君に話したいことがあるんだけど」昨日はあまり時間が取れなくて話し合う機会がなかったのよ

だけど今ならゆっくり話が出来るわよね

とりあえず昨日の海戦での出来事を話しておこうと思ったのよ