ベルセルク パチスロ

ベルセルク パチスロ

関所の城門を潜ると、数名の兵士にさっそく呼び止められる

すぐにルーナムが応対するために馬を降り、話し込みだした

周囲を見回すと同じように兵士から止められている旅人たちがいる

雨期だからなのかもしれないが、それほど多くはない

ミーシャにこっそりと尋ねてみる

「あれが憲兵?普通の兵士と変わらないけど」鎧の色こそ赤ではないが、ラングラールの配下の兵士たちと出で立ちはほとんど変わらない

「いや……憲兵は見たらはっきりわかるよ……」ライオネルから降りて手綱をもっているミーシャが怯えながら呟く

ということは今のところ、まずい事態にはなっていないようだ

ルーナムと話し終えた兵士たちは、全員に氏名を聞き、馬車内を一通り調べたあと「通ってよしっ!!」と土砂降りの空に向けて大きく号令をかけた

あなたも好きかも:与沢翼 カジノ
俺たちの一団は高い木柵で区切られた関所の奥へと進む

あなたも好きかも:二本松 パチンコ ニラク
「厳重なんだな」「いまはゴルスバウがいるからね

とくに厳しそうだね」敵対勢力がいるから仕方ないか

あなたも好きかも:ブラックジャック 新台
と思いながら俺は木柵に広く区切られた区画を観察する

木造平屋建ての大きな建物が数棟と二十メートルくらいありそうな高いと物見塔がひとつ建っている

中から顔を穴の空いた黒い頭巾で隠した兵士たちが数名駆け寄ってくる

「憲兵だ……」ルーナムがすぐに前に出て、事情を話し始める

今度は短く済んだその話の後に、ルーナムに俺とザルガスが呼ばれ一番奥の建物へと案内される