入間 パチンコ屋

入間 パチンコ屋

「やはり気づいていなかったのだな」「? 何に?」「狼たちは、考助が許した者達にある程度までは懐いてくれるが、ある境界線を超えることは絶対に許さないんだよ」 フローリアの言葉に、ピーチが説明を追加して来た

「具体的に言うと、私達にお腹を見せて撫でさせてはくれないんですよ~」「え!? そうなの?!」 普段からナナのお腹を撫でまくっている考助は、全くそんなことに気付いていなかった

 だが、一匹の狼がリクに対してお腹を見せて甘えまくっているのを見ると、疑わしげな目になった

「・・・・・・どう見てもお腹を見せて甘えまくってるように見えるんだけど?」「だから驚いているのだ

あなたも好きかも:スロット 乱数 アルゴリズム
現に、他の子達の狼達はお腹を見せることはしていないだろう?」 そう言いつつフローリアは、リク以外の子供たちにも視線を向けた

 フローリアの言う通り、リクが撫でている狼以外は頭や体を好きに撫でさせているが、お腹まで見せている狼はいなかった

 ついでに記憶をたどってみるが、ナナをはじめとして狼の眷属たちが女性陣にお腹を見せて甘えているところを見たことは無かった

あなたも好きかも:福岡 パチンコ イベント 規制
「言われてみれば、確かに・・・・・・」「だろう? だから皆が驚いているのだ」 フローリアの言葉に、周りにいた女性陣が頷いている

「リクは持っているかもしれないわね

あなたも好きかも:パチンコ 換金 グレーゾーン
まあ、子供の事だからすぐに他に興味を移すかもしれないけど」「持っている? 何を?」「勿論、テイマーとしての力よ」 コレットがそう言って、視線をリクへと合わせた

 釣られて考助もリクへと視線を向ける

「まあ、それだけで断言はできないし、今言った通り子供だからまだ確固たる力としては定まっていないでしょうけどね」「そうなのか」「もし本気で知りたいのであれば、神々にでも聞いてみれば?」「いや、しないからね」 コレットがからかうような表情になっているのを見て、顔をしかめる考助

 神の力で人の未来を決めてしまう事を考助が嫌っている事を知っていてからかったのだ

 考助としても、からかわれているのがわかっているので、本気になどしない

「まあ、先の事はともかく、今はリクも楽しんでいるのだからいいのではないか?」 楽しそうに狼をモフッているリクを目を細めつつ眺めながらフローリアがそう結論付けるのであった

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ その後は、ミアの要望に従って色々な階層を訪問した

 どんな眷属がいるのかを他に漏らさないためにも、眷属たちの階層に訪れたのは狼と狐がいる階層だけにしてある

 その二種類だけなら、テイマーが普通に連れている種族なので話が広まっても大した影響はないと考えたのだ