まごころを君に スロット 初代 天井

まごころを君に スロット 初代 天井

あなたも好きかも:ドロンジョとブラック・ジャック
どちらかしか選べぬなら捨てます

 それは我が父にも、姫様にも、お伝えしております

 けれどサヤが、私が血を捨てることを望みませんでしたから……今私は後継という立場となりました

 当然、責任は果たそうと思っておりますし、蔑ろにする気はありませんよ

 まあ、貴族を辞めた場合であったとしても、王家が貴族でなくても構わないと言ってくださるならば、責任だけは、果たしましたけど」「……何故、そこまで?」「何故? 疑問を持つ意味が分かりません

あなたも好きかも:パチンコ リニューアルオープン 大阪
彼女の存在が私の中でそれだけ大きいというだけですよ」 そう言うと、その男性は呆れたような、感心したような顔になる

「サヤは、麗しく香しい華ですが、それはこの目を楽しませる美のことではない

あなたも好きかも:レトロ パチンコ 広島
 地に根を張る美しさといいますか……この華が咲くからこそ、私の園はある

 前提無くして、私が園を保つ意味があると思いますか? 全部、この華があってこそなので、申し訳ないがそこは、絶対に譲れないのです

 またサヤも、私が何であるかは気にしないでしょう

 私が貴族を辞め、野に下っても……同じでいてくれます」 いるだけで良いと、言ってくれたから……

 サヤに視線をやると、朱に染まった顔で、それでも小さくこくりと頷いてくれて、なんとも言えぬ幸福感が胸に広がった

 俺が、俺であれば良いと言ってくれる……

そんな存在を、傍に得ることができたなんて、一年前の俺には考えられないことだった

 絶対に結ばれることは無い相手だと……そう、決まっていたはずなのに……

 サヤはそれを、覆してくれた

 俺に与える存在となってくれた

 サヤがいなければ、俺はきっともう、この世にはいない