キスケ パチンコ コロナ

キスケ パチンコ コロナ

それがたとえ協会に所属していないとしても、処罰と言わずとも何らかの措置を施さないとまたどこで誰が死ぬか分かったものではない

その結果この男が死ぬことになるのか、それとも生き延びるのか、それは定かではないがこの男は堤に会わせるべきか否か、支部長としても未だ判断できずにいるらしい

個人に肩入れするという結果になるのか、それとも一応声をかけた程度の事柄に当てはまるのか

この魔術師、向井達夫を倒し捕縛してきたのは康太であるために協会としてはほとんど何もしていないに等しい

そういう意味では肩入れとはならないかもしれないが積極的に会わせようとするのも少し違うように思えるのだ

だからこそ今回の当事者である康太に意見を求めたのである

だが康太の考えは変わらない

あなたも好きかも:バカラ シャンパングラス ペア
「どちらでも構わないと思いますよ

ですが俺からハクテイに声をかけるつもりはありません

支部長が伝えたいと思うのであればご自由にどうぞ」「・・・んー・・・一応君が捕まえたんだし、君が報告したほうがいいんじゃないのかい?一応君の手柄ってことで恩を売れるよ?」「一般人に毛が生えた程度の実力しかない奴に恩を売ってどうするんですか・・・っていうか現時点で俺はあいつにむしろ協力しすぎたと思ってますよ・・・」確かに支部長が感じている以上に、康太は堤に手を貸しすぎてしまっている

あなたも好きかも:裏 カジノ 野球
遭遇して相手が本当に小百合を探しているわけでもなかった時、ただ記憶操作と暗示によって行動させられていたのだとわかったとき、康太は堤を放ってその場から離脱することだってできたのだ

誤解を解いたことで小百合への噂も消える