パチンコ エヴァ319

パチンコ エヴァ319

というか、身内にも絶対してたまるか

あなたも好きかも:攻殻機動隊 スロット 初代 エピソード
「ゴライアスはここで待機

気流がヤバくなったらナタリアの家を有効活用させてもらう」「はぁ!? 何それ!?」『了解(ダー)

あなたも好きかも:パチンコ 関内 求人
私たちもお邪魔していい?』「イリナちゃん!?」「冗談だって

何かあったらすぐ知らせてくれ」『了解(ダー)』 よし

 通信を終えてから、ベリルを破片の刺さった禍々しいドアへと向ける

きっとネイリンゲンが壊滅する前は、開放的な田舎の街に佇む伝統的なデザインの民家だったのだろう

こんな廃墟と化す前の街の風景を思い浮かべながら、きっとあの事件さえなければここはまだナタリアの”家”だった筈だと思った俺は、溜息をついてからドアを睨みつけた

 無駄だ、そんなことを思い浮かべようとしても

 結局俺たちが21年前にタイムスリップし、親父たちにこのネイリンゲンが壊滅することを教えたにもかかわらず、この”傭兵の街”は壊滅した

あなたも好きかも:スロット 設定キー f60
最強の傭兵ギルドと言われた少数精鋭の傭兵たちですら、ネイリンゲンが壊滅し、ダンジョンと化すという悲惨な運命を変えられなかったのだ

 どれだけ立派な武器で武装しても、変えられないものはあるのである

 仲間たちに合図してから、俺はドアノブへと手を伸ばそうとして、その手をぴたりと止める

隣にいたナタリアが問いかけるよりも先に、隣にいるラウラはどうして俺がドアを開けなかったかを悟ったらしい

 ―――――――カビと砂埃の臭いに紛れ込んだ、魔物の体臭

 汗と血肉と腐臭を混ぜ合わせたグロテスクな悪臭が、微かに廃墟の中を満たす砂埃の臭いに紛れ込んで、壁の穴から一緒に漏れ出し、俺の鼻孔へと流れついたらしい

 おそらくこの体臭の薄さだと、家の中にいるのは1体程度だろう

魔物の種類は不明だが、一般的な家の廃墟の中に潜んでいるという事は、少なくとも身長は常人と変わらないか、それよりも小さい