テツ ぱちんこ

テツ ぱちんこ

身の危険を感じた優樹は、咄嗟に華音から少しずつ遠ざかる

「……か、華音ちゃん……? ……なあに?」「ふふ

……うふふ」「……」 優樹は「……な……なに?」と恐る恐る小首を傾げた

と、次の瞬間、「きゃあっ!!」 華音が優樹に飛びついて押し倒した

あなたも好きかも:魔戒ノ花 パチンコ 評価
「か、華音ちゃん!?」「おとなしくしろーっ」「や、やめてっ!」「へっへっへーっ」 エアベッドの上で大暴れをする二人を見て生美はため息混じりに目を据わらせた

「……どーでもいいけど、夜なんだから静かにしてよ」「い、いやーっ! 生美ちゃん助けてーっ!!」「おとなしくしろーっ!」「い、いやーっ!!」「……ヘンな声出さないでよ

ご近所さんに疑われるじゃない」 華音は暴れる優樹を押さえつけると「ええーいっ!!」と抵抗する手を払い除け、パジャマのズボンをズリ下ろした

「やん!」 優樹は慌てて上着を引っ張り座り込み、華音はすぐさまそこから離れると、仁王立ちしてズボンを高々と上げた

「ゲーット!」「か、華音ちゃんっ!!」 その場に座って顔を真っ赤にしながら上着の裾を引っ張り下着を隠し、華音を睨み付けると、生美が「ほい」と華音に何かを投げ渡した

あなたも好きかも:戦国乙女 パチンコ 初代
優樹が「……へ?」と、キョトンとしている間に、「はい、チーズ」と携帯電話のカメラを向けられ、優樹はギョッ! と目を見開いた

「なっ……なにしてるの!?」 華音は撮れた画像を見て「むふふっ」と嫌らしく笑うと、生美に液晶を向けた

「見て見てぇ

かわいく撮れたー」「あらホント

いいじゃない

このキョト、っとした感じなんか