熊本 パチンコ 南高江

熊本 パチンコ 南高江

話し込んじゃった」 ついついスピカと話し込んでしまったが、今は目の前の女神達との時間だ

 彼女たちの目的も聞いた今となっては、出来る限りの事はしたいと思っていた

あなたも好きかも:パチスロ アルペジオ
「あの・・・気にしないでください

私達は話が出来なくても、近くにいるだけでいいんです」 傍にいた女神たちの一人がそう言って来た

 その言葉だけ聞くと健気な乙女、といった感じだが、全員がコクコクと頷いていた

「ああ、彼女が言う通りだよ

実際、前の握手会だって手を触れて、せいぜい一言声を掛けられたくらいだろう? それだけで十分意味があるんだよ」 考助がスピカの方を見ると、スピカがそうフォローしてきた

 普段はアースガルドの世界にいる考助が、すぐ傍にいるだけで彼女たちにとっては効果があるのだ

あなたも好きかも:コンクエスタ
「ふーん

そんなものなんだ」 そう相槌を打った考助だったが、だからといって黙って置物になるつもりもなかった

あなたも好きかも:パチンコ アグネスラム甘デジ
 出来るだけ女神様達との会話を楽しもうと思うことにしたのであった

 何とか食事会も無事に終えた考助は、落ち着いた時間を過ごしていた

 なぜこんなにのんびりしているかというと、今日はもう塔には戻らないからだ

 女神達の事情を知った考助が、折角なので明日の早いうちにもう一度同じような席を設けることを申し出たのだ

 握手会と食事会に洩れた女神達がまだいるという事を知った考助が、食事会が終わった後でエリスに相談をしたのだ

 考助にしてみれば、自分に出来ることがあるのなら、出来る限りの協力をしたいと思っている

 相変わらず女子高のような雰囲気には慣れないが、それでも最初の腰が引けた感じよりはましになってきている

 突然の考助の申し出に、エリスは笑顔を浮かべて了承した