パチンコ 哲也 セグ

パチンコ 哲也 セグ

価値はどれだけか知らないが、ベリーイージーモードなので結構な額が入ったのだと思われる

「それとだ

あなたも好きかも:ブラックジャック テーブル
個人的な依頼なんだが、芋の農家に木箱を返却してくれないか? 報酬はこれくらいだ」 おっさんがそう言うと、端末に依頼が表示された

金額は、今の仕事の四分の一か……

「Uターンになるけど、ヒスイさんはどう思う?」「今回の報酬で車の改造ができますので、ジャンク屋がある町に戻れるこの依頼は、それなりの好条件ではないでしょうか」「OK

おっさん、この依頼受けるよ」「ありがとな! それじゃあ積みこむから少し待っていてくれ」「はいスキップ」 オート三輪の荷台に、先ほどよりも多い木箱の山が積まれた

 箱が脱落しないよう、紐(ひも)で固定されている

あなたも好きかも:[email protected] 抽選 スロット
「それじゃあ、頼むぜ!」 そんなおっさんの声を聞きながら、俺はオート三輪に乗り込んだ

 キーを回すと、カーラジオからまた音楽が流れ出す

「おっ、『Take Me Home, Country Roads』じゃん

あなたも好きかも:スロット ラブ 嬢 フリーズ
いいねいいね」 ギターの音と共に、聞き覚えのある歌声が車内に響く

 それに気をよくした俺は、鼻歌を歌う

歌詞までは覚えていないため、雰囲気でメロディを追う

 この時代の標準機能として、視界に歌詞と翻訳歌詞は表示されるのだが、カラオケのように耳に入る前の歌詞が表示されたりはしない