日本一 出る パチンコ屋

日本一 出る パチンコ屋

それでも、ティアラが怪我するのは、できるだけ見たくないんだ……

旅に出る前、僕はティアラを守るって誓った

だから、僕のためにも、その本を使って欲しい」 何の照れもなく、そんなことを言い切った

 その『理想』に近い文句に私は驚き、鼓動が速まりかける

「……っ!!」 心中の淡い感情を読まれないように、私は返答する

あなたも好きかも:銀座 クラブ バカラ
「…………

あなたも好きかも:パチンコ サンセイ cm
じゃっ、ありがたく使わせてもらおっかなー

でも、たぶん守られるのは師匠だけだと思うよ? さっきの追い剥ぎだって、基本私が殴り倒してたし」「そうだね……

ティアラには危険なことばかりさせるって思う

ごめん」「その分、師匠は『呪術』で助けてくれてるんだから気にしない! 役割分担だって、最初っから言ってるでしょ!」 師匠が研究し、私が実践する

あなたも好きかも:パチンコ エックスジャパン
 後衛と前衛

 間違いなく、これが最上の形で、最高の結果を出してきている

 それでも、まだ師匠は自らが前に立って戦いたいと思っているようだ

 私の力の全ては師匠の『呪術』あってのものなのに、それを誇ろうとする様子が一切ない

 とても師匠らしいと思いながら、私は笑う

 その何度も笑う私を見て、師匠は眩しそうに目を細めて、呟き始める