テーブルゲーム ヨドバシカメラ

テーブルゲーム ヨドバシカメラ

しかし、貼り紙を貼られていた場所が"迷い犬・猫・鳥・その他"の保護の連絡版であった為、周囲の人は《家族のように大切な動物が見つかったんだな、良かった、良かった》といった優しい笑みまで浮かべて、誰もアングレカムが貼り紙を引き剥がした事を、役人に報告するようなことはなかった

それは丁度駐屯している場所が、家畜を放牧するのが盛んな土地柄でもある為、それを手伝うよう躾られた動物達は家族と同じ様に扱うのは当たり前の事とされていた

家畜の番をする犬ネズミを駆除してくれる猫狩りを手伝う鳥(鷹)等どれも、この場所で生きていく上で大変助けになる存在で大切にされている

その大切な"家族"が見つかった事に、貼り紙を引き剥がすという多少常識に外れた行動をとっても、この地域に住む人々は寛容だった

(―――私達が駐屯していた地域の特性を知った上での、"貼り紙"だったんでしょうけれども)この今自分のいる場所を治める事になっている人物の"老獪さ"に、アングレカムは心の内で盛大に眉間に縦シワを刻みながら、仲間を保護してくれた人の顔を初めて見た

美形と言うわけではないのだが、豊かな白髪の頭のわりには、顔は若々しい壮年の男がアングレカムの前に立った

あなたも好きかも:静岡市 スロット
『やあ、どうも初めまして、アルセン・パドリックさん

あなたも好きかも:パチンコ ルパン三世 演出
セリサンセウム王国、西にある、田舎の領地へ遥々ようこそ

私はこの領地の領主のピーン・ビネガー

この領地の自慢と名物は鳥料理で、旨いことは旨いんだが、鳥ばっかりで少しだけだが飽きるという話があるのが今後の課題だ

なので新たに、うちの料理人が"生地汁"という、パンの生地みたいな柔らかい白い、一口大の物が汁物を作ってくれた

はっきり言って旨いから、せっかくロブロウにいらしてくださったのなら、是非食べていって欲しい』にこやかに笑いながら、自分の治める領地の案内を冗長にも感じられる挨拶を両手を多少大袈裟に広げながらアングレカムにする

ピーン・ビネガーが身に付けている衣服は品が良いのは判るがさっぱりとしていて、更に紅黒いコートを纏っている姿は、貴族で領主というよりは、人の良い壮年の男性に見えなくもない

ただアングレカムに"ピーン・ビネガー"と対面する事で一番に伝わってくる印象は、良くも悪くも"知性"というものだった

しかしその"知性"は美丈夫の記憶の琴線に触れて、どことなく、味わった事のある"懐かしい"という感情を呼び起こす