パチスロ アカギ

パチスロ アカギ

座学を終えて、お茶会に向かう準備をするとなると、大変でしょうけれど、よろしくお願いしますね」「お任せくださいませ

お茶会までに、衣装、髪飾り、音楽、手土産、全てを完璧に準備しなければなりません

腕が鳴りますわ」 ブリュンヒルデが音楽の先生方に招かれた時に必要な準備を指折り数え上げていく

あなたも好きかも:ガンダム覚醒 スロット ハイエナ
当然、その場には専属楽師であるロジーナも連れて行くことになるらしい

「お茶会の日取りはまだ決定しておりませんけれど、練習はしておいてくださいませ

あなたも好きかも:paizakajino
新しい曲があると尚良いと存じます」「新しい曲、ですか

ロジーナと少し考えてみます

わたくし、曲を思いついても、自分ですぐには演奏できませんから」 わたしは基本的に鼻歌で歌うくらいしかできない

フェシュピールで弾けるように楽譜に起こしたり、アレンジをしたりするのは専属楽師であるロジーナの仕事だ

「お昼休みには図書館へ参りますから、なるべく早く戻ってきてくださいませ」 朝食後、笑顔で上級生が出かけるのを見送った後、一年生が参考書を作る傍らで、わたしは新しい曲についてロジーナと話をしていた

新しい曲のアレンジという仕事に、ロジーナは大喜びだ

「ローゼマイン様、早速歌ってくださいませ」 フェシュピールと白い紙とペンを準備し、わたしが歌う主旋律をロジーナはフェシュピールで確認しながら数小節ずつ書き留めていく

今回は音楽教師に披露するのだから、クラシックからそれほど長くない曲を選んでみた

「こちらはどの神に捧げる曲でしょう?」「初めての図書館登録を記念して、英知の女神 メスティオノーラに捧げましょう」 参考書作りをしている一年生が興味深そうにこちらを見ながら、曲ができる過程を見ている中、ロジーナは主旋律を拾い上げ、アレンジを始めた

 昼食を終えたわたしは、一年生全員とわたしとヴィルフリートの側近を引きつれて、図書館へと向かうことになった

登録料を持ったリヒャルダも一緒である

 玄関ホールで全員揃っているか、ヴィルフリートの側近が確認している間、わたしは自分のテンションがぐんぐんと上がっていくのを感じていた

「図書館、図書館、本がたくさん、幸せの場所、るるるん、ららん」 午前中ずっと音楽をしていたせいで、勝手に歌が出てくる

「これは先程ローゼマイン様が作曲していた曲ですね? すでに歌がついているのですか?」 ハルトムートが目を丸くするので、わたしはニコリと笑いながら頷いた