グラブル カジノ 調整

グラブル カジノ 調整

成る程成る程……

あなたも好きかも:アドセンス ぱちんこ
……フフフ……どうやら、俺は凄ェ者《もん》を目撃しちまったらしいな……

……お前がそうなのか……お前が勇者の子孫か……そうかそうか…………だとしたらよォ……」 肩を震わせて笑うシャバハはレイの方を睨み付け、「……ミノタウロス如き相手に死にかけてんじゃねェよッ!!」 黒い渦を放った

どうやら魂を憑依させても黒い渦を放つ事が出来るらしい

あなたも好きかも:パチスロ 花の慶次 天を穿つ戦槍 中段チェリー
「……! この技……!」 しかし、シャバハが放ったその渦は、渦というには少々『鋭かった』

それはさしずめ、黒い矢か槍を彷彿とさせる代物だ

「……ッ!」 レイはその矢のような渦を斬る事が出来ないと判断し、下へ掻い潜ってそれを避ける

「テメェ! 世界を救った勇者の子孫のくせしてよォ! 何でそんなに弱ェんだよ!? 数千年の時が経過して英雄の血は薄れちまったのかァ!?」「……ッ」 黒い矢のような呪術を次々と放つシャバハ

レイはそれを避けるので精一杯だった

あなたも好きかも:パチンコ レート変更
 汗が垂れ、その剣で、その身を持って、その呪術を避ける

少しでも油断したら身体は射抜かれ、呪術によってレイの肢体《したい》は蝕《むしば》まれてしまうだろう

 何故突然シャバハが逆上したのかを理解できないレイ

それが表情に出ていたのか、シャバハはレイに向かって言う

「何故って顔してやがるな? なら教えてやるぜ……

……テメェ……勇者ってのはなァ……俺たち魔族にとっても英雄なんだよ!」「……英雄?」 シャバハの言葉に聞き返すレイ

勇者という者は、人間にとっては確かに英雄だろう

世界を支配していた魔王を倒し、世界を消そうとした神を倒して世界を救ったのだから

 しかし、魔王は魔族なのだ

なので魔族《このもの》達にとっては、その技をも引き継がれている魔王こそが英雄なのではないだろうか