スロット 北斗 の 拳 強敵 評判

スロット 北斗 の 拳 強敵 評判

サイズは何号だ?」 勝手に話を進められ、一平は無表情で瞬きを繰り返してゆっくりと生美に目を向けた

「……アレは、アレで普通なんか?」「……そうね

普通みたいよ」 うんうん、と哀れんだ眼差しで数回頷かれ、一平はがっくりと項垂れる

あなたも好きかも:設定6 スロット用語
「さあ、大島君、ここに座りなさい」 しつこく椅子を差され、優樹は「……どうしよう?」と困惑げに一平と生美を交互に見上げ窺う

 生美は鼻から深く息を吐いて肩を竦めた

「嫌ならやらなくていいわよ、こんなの」「エエやん、そう言わんと

ただ座っとくだけやねんやろ? 簡単やン」 一平は苦笑して優樹の背中を軽く押した

あなたも好きかも:大東洋 本店 スロット
優樹は戸惑いつつも押されるまま椅子に近寄り、生美も渋々あとを追う

 南尾は、目を逸らしながらもやっと近寄ってきた優樹に満足げな笑みを浮かべると背後を振り返った

「おい、馬場君、ちょっと来てくれ

手伝ってくれないか」 そう声を掛けると、準備室だろうか、木製のドアの奥から「はーい」と愛想のいい声が聞こえ、女性が現れた

 若くもなく、年の頃三十代と言ったところか

それでも身なりを綺麗に整え優しい笑みを浮かべる“大人の女性”の登場に生美と一平はキョトンとした

 ――セクハラ教師と疑われる南尾の傍に女性? そう考えて、慌ててペコリと頭を下げる優樹に目を移し、「……ああ」と内心ため息を吐いた