まどかマギカ スロット やめどき art

まどかマギカ スロット やめどき art

けど、さっき"テレパシー"を使った時にあんな気配は無かった……

多分だけど……誰かが連れてきたモノだと思う……」 跳躍して瓦礫の上に登ったフォンセとキュリテは何が攻めてきたのかとそれを一瞥する

「馬に乗った騎士……? ……! いや、何かがおかしい……! あれは……」「……? ……あ!」 そして、それの様子を見たフォンセは驚愕

あなたも好きかも:ギャラクティック・ジェムズ
という程でも無いが、驚いたような表情で"それ"のおかしな点に気付く

 フォンセの言葉にキュリテもそれを見、おかしな点にキュリテも気付いた

「「馬と騎士の首が無い……!」」 首の無い、馬に乗った騎士

それはもはや、生きているようには見えない

あなたも好きかも:スロット クラブガリバー
 それはまさに、「……首無し馬に乗った首の無い騎士……"デュラハン"か……!」 ──"デュラハン"とは、フォンセとキュリテが言ったように、首無し馬に跨《また》がった首無し騎士だ

あなたも好きかも:クリエ パチンコ 府中
 その容姿は中世時代の騎士のような姿で、片手に手綱、腰に剣と鞭、もう片手に自分の首を持っている

 デュラハンはその姿を見られるのを嫌い、姿を見られてしまえば首無し馬で何処までも追い掛け、鞭で姿を見た者の目を潰すと謂われる

 そしてデュラハンという者は……実は悪戯好きな精霊なのである

 その悪戯の内容は人の家にノックして入り、盥《タライ》一杯の血を浴びせるというモノ

 デュラハンにとっては悪戯なのだが、デュラハンが訪れた家からは必ず死人が出るという