パイレーツ・プレンティ― - バトル・フォー・ゴールド

パイレーツ・プレンティ― - バトル・フォー・ゴールド

あなたも好きかも:パチスロ hey鏡
「おっ、お嬢ちゃん俺より敬語上手いな

あなたも好きかも:中区富士見町 パチンコ
じゃあさ、食べたらダメなら持って行く前に大農家さんは"食べさせたら駄目"って事を言うんじゃないかな?」シュトの言葉にアルスも力強く頷いた

「そうだよ

グランドール様は駄目なら、きっとその場で言うハズだと思う」これにはリリィもルイも納得出来た

「ルイ食べなよ

グランドールさまは、ルイが食べたら駄目なら、きっと私がバスケットの中身を教えた時に止めてくれるハズだもん」リリィはグッとロブロウ名物で作って貰った、ライスボールを差し出した

そこまできて漸くルイは鉄格子を超えて、手を差し出しライスボールに触れた

あなたも好きかも:6月6日 スロット 誕生日
そしてにリリィの手を包み込むように、握りしめた

「ルイ?」意外にゴツゴツとした、剣の修練を欠かしていないだろう大きな手に、自分の手を包み込まれてリリィはまばたきを繰り返す

(ルイ、結構逞しい手をしてるんだ

まだアルスくんの方が、少しゴツゴツしているけれど)唐突なことなので、リリィは冷静に身近にある"手"と比べてしまっていた

「無事で良かった」ルイが心から安堵するような声をだして、ルイはリリィを見つめていた

そこでリリィはルイを意識してしまう

「ぶ、無事だよ

アルスく、アルスお兄ちゃんやシュトさんもいたから

照れ隠しのあまりに、手を引っ込めてしまおうかとリリィは体に力がはいる

だが寸前の所でそれを止める事が出来た

声の調子から心底自分を心配していてくれた事わかるし、手を引っ込めたならかなり失礼な事で、もしかしたらルイ傷つけてしまうかもしれないと、リリィなりに考え及んだのだ