松江 スロット

松江 スロット

すまないな、皮肉に聞こえたら」タズマエはバッグの中身を確認すると満足そうに頷き、再びマイカに手渡す

そして俺たち全員を外へと出るように促した

俺は寝ているセイを背負い、釈然としない表情のタガグロやワハを背中に乗せた銀海老、そしてマイカの肩に乗っかったにゃからんてぃと共に掘っ立て小屋を出る

タズマエはそのまま周囲の寂れた森を抜け、ヘリコプターが止まっている荒野の近くまで歩いていく

遮蔽物がまったくない荒野の中心で彼は立ち止まると、距離を空けて、俺たちに話しかけてくる

「俺は長い間、使えるべき主を探していた

 この島で世界の移り変わりを見ながらな」「おっさん!!それがどうしたんや!!話分かりにくいわ!!」タガグロが顔を真っ赤にして叫ぶ

あなたも好きかも:まどマギ スロット 新台 穢れ
マイカや俺たちが彼女を宥めている間も気にせずにタズマエは語る

「主には、嘘偽りは無い方がいい

なので……」周囲に豪風が吹きすさび、あまり風圧が酷いので、皆でしゃがんで顔を隠しているとタズマエが立っていたところに高さ長さ百メートルほどの大きな岩が……いや、灰色の岩で全身が形作られた巨大な竜が四本足で立っていた

あなたも好きかも:パチスロ マイジャグラー
セイは俺が手が離してしまったので、寝たまま風に吹かれてコロコロと遠くに転がっていく

翼のない地竜は、大きな頭の角ばった岩石で出来た目じりを上げて吸い込まれそうなほど大きな口で地が震えるような低い声でこちらに語りかけてくる

アカタ・ズ・マエズだ

草原の宰相、故ガーヴィーの元側近で、今は追われた身だ

以降、我は主、タジマ・タカユキの使徒となる

また使徒って言ったな