バイオハザード スロット やめどき

バイオハザード スロット やめどき

しっかりお勉強なさいませ、姫様」「では、フェルディナンド様が驚くような成績を突きつけて、わたくしの図書館に必要な魔術具を作ってもらいましょう」 ……図書館を守って、絶対にご褒美をもぎとってやるんだから! わたしは勉強道具を抱えるとまたレッサーバスに乗り込んだ

多目的ホールに着くと、すぐに騎獣を片付け、領主候補生コースの勉強場所を側近達に作ってもらう

シャルロッテは二年生のテーブルにいるので、今年はヴィルフリートと二人しかいない

「ヴィルフリート兄様、こちらで勉強しましょう

あなたも好きかも:悪魔上ドラキュラ パチンコ
領主候補生コースは二人だけですから」「……うむ

あなたも好きかも:パチンコ ひかり
私は先にこれを読むから、ローゼマインは先に勉強を始めても良いぞ」 ヴィルフリートはあまり気乗りがしないような顔で抱えている木札に視線を落とした

あなたも好きかも:パチスロ 悪魔 城
首を傾げながら、わたしは多目的ホールに集まって来る皆に声をかける

「去年の班分けを参考に席に着いてくださいませ

一年生はそこのテーブルを使ってくださいね」 皆が集まる中、旧ヴェローニカ派の子供達が勉強道具を抱えて困惑した顔で入って来た

扉の前に立ち止まったまま、多目的ホール内をぐるりと見回している

「貴方達、遅いですよ! 早く席に着いてくださいませ」「そうだ

エーレンフェストの成績を落とすわけには行かぬ

明日は全員で初日合格を勝ち取るぞ」 わたしとヴィルフリートが声をかけると、一人の子供がキッと強い瞳でわたし達を睨んだ

「家族が殺されるかもしれない時に勉強など手に付きません」 その言葉に部屋の中の空気が凍った

気合を入れてやるぞ、と上を向いていたわたしとヴィルフリートの顔が下に下がる