秦野 スロット イベント

秦野 スロット イベント

 もし、あの場に残り続けて、二人の商会作りに参加していたら、間違いなく私は『世界』の後押しを受けたクウネルちゃんに殺されていただろう

それだけの力が全ての吸血種の器となった彼女にはあった

「――本当にティアラは賢い

あなたも好きかも:ツインエンジェル スロット
行く先々で、兄さんと新しい女の子が親密になるように誘導する手腕は、毎度見事の一言です」「それが師匠の『呪い』を緩和する一番の方法だからね……

陽滝姉とおんなじように、上手く裏で女の子に『詐術』をしかけてるよー」 私は旅を一つ終える度に、こういった誘導術が上手くなっていっている

 いまとなっては、悲劇的な生まれの少女を師匠のヒロインに陥れるなんて、シス姉を騙すよりも容易い

 その技術(スキル)の模倣元である陽滝姉は、私の成長を感じて微笑む

あなたも好きかも:オムロンアミューズメント パチンコ
「ティアラ、この二年で本当にレベルが上がりましたね……

初めて会った頃と比べると、別人です

やはり、死と隣り合わせの環境こそ、人を強くしてくれるようです」「……『レベル』? 『レベル』って、師匠が広めようとしてるやつのことかな? あの数値化ってやつ、私苦手なんだよね」 最近師匠は『魔力総合値』を『レベル』という言葉に置き換えようとしている

 他にも『変換結果』を『ステータス』というのに換えて、あらゆる力を、わかりやすく数字で『表示』できるようにも挑戦している

 師匠と旅をしていると、こういった新しい言葉が次々と出てきて、理解が追いつかなくなるときがある

 その師匠の造語癖が陽滝姉は面白くないようで、呆れながら肩を落とした

「あー……、違います

いまのは本来の意味でのレベルとして使いました

……はあ

兄さんの造語のせいで、定期的に翻訳魔法の見直しが必要ですね」 すぐに陽滝姉は立ち上がり、私の傍まで近寄って、例の呪術《リーディング》を使い直す