フェニックス パチンコ屋

フェニックス パチンコ屋

アデルモは極端すぎますが

ダナの店に警邏の人間がやってきたのは、ちょうどお客の流れがひと段落して、休みをとっている最中のことだった

「あなたが、ダナさん?」「は、はい、そうですが、今は休憩中で・・・・・・」 思わず反射的にそう言ったダナに、警邏の人は苦笑を返してきた

「いや、占いをしてもらいたいわけではなく、私と一緒に少し詰所に来てもらいたいんですわ」「はい?」「いえね

あなたも好きかも:is スロット 曲
数日前に盗難届を出されていたでしょう? その件で確認していただきたいことがありましてね」「えっ!?」 思ってもみなかった言葉に、ダナが驚きの声を上げた

 それを見た警邏の人間は、ひとつ頷いてから続けた

あなたも好きかも:ふうまのこじろう パチンコ
「そういうわけですから、来てもらえませんかね?」 それに対するダナの返事は、当然というべきか「是」であった

 そして、詰所からの帰り道

 ちょっとした手続きを詰所で終えたダナの胸には、水鏡が大事そうに抱えられていたのである

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ 水鏡が返ってきて最高の気分でその日の残りの仕事に勤しみ始めたダナだったが、店が終わったときにはテーブルの上に突っ伏していた

「・・・・・・お前、どうしちゃったの?」 ツンツンと水鏡をつつきながら、ダナはぽつりとそう言った

 返ってきた水鏡は、間違いなく盗まれたものだ