偽物語 スロット 曲 解放

偽物語 スロット 曲 解放

私だけの事でもないし」 率直に、自分の気持ちを告げる

 生徒会長は何も言わず、ただ頷いただけだ

「あなたは、どうするの

局長に、変な事を言ったり」「矢田君が、君達とは会いたくないと言っていたんでね

おかしな連中が絡んできたのは予想外だったが」「学校に付くの、それとも」「そういう決めつけは良くない

何が正しくて間違っているのかなんて、誰が分かる」 曖昧とも、正論とも言える言葉

 私も答えようが無く、日溜まりの足元を見つめる

「君達がどうしようとかまわないが、学校に楯突くとどうなるのかは考えておいた方がいい」「去年退学した人達みたいになるっていう意味?」「今年度は大人しかったが、来年度からはその時の理事達が殆ど全員復職する

あなたも好きかも:スロット 鬼浜 愛 終了画面
当然規則改正も視野に入れているだろう」 淡々と語る生徒会長

あなたも好きかも:八木 パチンコ 広島
  そこからは、自分の感情や意志はまるで感じ取れない

「大山さん達の意志を継いで学内に混乱をもたらすのか、大人しくして学校の言いなりになるのか

どちらが正しいのかなんて、言い切れない」「それは分かるけど」「信念を貫くには能力が必要で、またそれが他人からの支持を受けるかどうかは分からない

君達の正義が、全体の正義とは必ずしも一致しないんだよ」「じゃあ、あなたはどうするの」 つい、同じ質問を繰り返す

あなたも好きかも:パチンコ 確変 持ち越し
 生徒会長は微かに眉を動かし、髪をかき上げた

「私も、それなりに考えはある

ここで君に語る程でもないが」「そう……」「とにかく、よく考えるといい

卒業なんて、あっと言う間だ

いくら草薙グループがその後も圧力を掛けてくるといっても、法に触れる事をさせる訳じゃない」 当たり前だけど、私よりは草薙グループに詳しいようだ