パチンコ ペルソナ 4 潜伏

パチンコ ペルソナ 4 潜伏

ネアは甘えているだけだと思っていたが、これでもう打撃を受けた頭部も、意識を奪われた時の圧迫魔術の影響も心配しなくていいからねと言うので、治療も兼ねていたらしい

やはりこの魔物は、大変に謎めいていると言わざるを得ない

「私が擬態をしなかった理由を、アルテアから聞いたのだね

あなたも好きかも:パチンコ 甲殻機動隊 設置店
うん、すぐに君の側に行こうとも思ったのだけれど、君がアルテアの領域にいることが分かったから、まずは、アルテアがこちら側の者だと、気付かれないようにしたんだ

あなたも好きかも:大阪 カジノ いつ
彼の擬態が見破られることはまずないのだけれど、守護に守られた筈の君を傷付けたもののように、幻惑の魔術は時々出来ない筈のことを成してしまうからね」「アルテアさん………?」「俺の名前だ」「むむぅ

確かに、アージュさんよりも、アルテアさんの方がしっくりきます

なぜでしょう…………」「私達の名前は、魂に紐付くものだ

あなたも好きかも:key パチンコ
そのせいで親和性が気になるということもあるだろうし、君の場合は記憶を奪われた訳ではなくて覆いをかけられているだけだからね

それで覆いの下で感じるものもあるのだと思うよ」「そのような仕組みは、奥が深いのですね…………

だからディノは、私のことを決してアルズと呼ばなかったのですね?」「とても不愉快な名前だし、私が君をそう呼び、君がそれに答えてしまえば、そこで名前の魔術が完成してしまう

それもまた、こちらの世界に殉じることになるからね」「むむむ、そうなるともう、この二十番な名前はぽいしても良いのでしょうか?」「うん、勿論だよ

…………さて、アルテア、そちらはどうだい?」ディノがネアの頭を撫でながらそう尋ねたのは、鞄に詰め込んできた書類のようなものを、次々とめくってはぼうっと青白い炎にして消しているアルテアだ