バジリスク パチンコ 新台 潜伏

バジリスク パチンコ 新台 潜伏

アルティが消えたあと、僕とマリアはパリンクロンと戦い、そして負けた

 思い出すだけで胸が締め付けられる記憶だ

 僕は動揺を隠して、敵の問いを無視する

あなたも好きかも:マジェスティックプリンス タマキ スロット
 こちらの要求だけを突きつける

あなたも好きかも:長野市松岡 パチンコ
「パリンクロン、いますぐティーダの魔石を出せ」 最後通告であり宣戦布告だった

あなたも好きかも:日 南 パチンコ
 これを行うのはマリアも了解済みだ

最初の数分だけは僕とパリンクロンの一対一で話をすると決めてある

「……ん? なんだ、それだけでいいのか? あれだけのことを俺にされて、まだ殺すのを躊躇っているのか?」 パリンクロンはいやらしい顔で、僕の甘さを指摘する

 僕は続きを口に出す

「もちろん、それだけじゃない

ディアを斬った分で腕一本、アルティとマリアを唆した分で両目を貰うつもりだ」「……へえ

優しいな(・・・・)、少年」 その上乗せ分を、パリンクロンは悠々と受け入れた

「おまえを殺さないのは、知っていることを全て話してもらうためだ

ハイリから、お前の中に使徒ってやつがいると聞いた

その使徒の知っていることを話してもらう」 これで用意していた言葉は吐き出しつくした