パチンコ 肘 痛い

パチンコ 肘 痛い

 認めたくはないが、この男の行動にテテュラが救われた事実もあるようで、割って入ることはできなかった

「さて、でも抜けるんだったら、それは返してもらおう」「え?」 一瞬だった

クルシアの右手には、血に汚れた魔石があった

 テテュラの胸にあった魔石を引きちぎったのだ

「――ああああっ!? ああつぅっ!?」「――テテュラちゃん!?」「貴様……!」「あー……ストップ、ストップ

あなたも好きかも:スロット 北海道
大丈夫だよ

これを抜いたくらいじゃ死なないよ」「だからって、お前――」 文句を言おうとした俺をスッと手を出して止めるよう促す

あなたも好きかも:007 スロット
「……大丈夫よ、リリア

この人を責めないで……」「テテュラ……」「貴女達にとって……この男が許せない人間であることも……見逃せない人間だとも……わかってる

あなたも好きかも:シンフォギア2 パチンコ キャロル
だけど……今だけでいい、見逃してあげてほしい」 痛みに苦しみながらもクルシアを気遣う

 ウィルクが駆け寄り、治癒魔法をかける中、クルシアに対し、恨みしか持たないナタルは容赦なく文句を言う

「貴女にとって、どれだけの人か知らないですけど、この人はこの国中の人間が苦しんでいたのを喜んでいたのよ! 貴女、どんな人間を庇っているのか、本当に理解してますの!」「ナタル」「わかっているわ

おかしいのもわかっている

それでも……なのよ」「テテュラ……」 俺達には到底理解できない想いなのだろうか

傷つきながらも切なげに話すテテュラには今、この場を黙らせる説得力のようなものがあった

 だが、そんな想いを知ってか知らずか、クルシアは軽い口調で、「心配しないで、テテュラちゃん