パチンコ 95 継続

パチンコ 95 継続

「師匠は複数の属性を扱える精霊術師です

属性は水と光ですね」精霊術師でも複数の属性を扱うことができる者は稀に存在する

複数の別の属性の精霊を宿し、なおかつ高いレベルでの使用ができなければ複数の属性を操るのは難しい

魔術師のように補助に徹させるのではなく、ある程度主導で動いてくれるようになるには時間もかかるだろう

本人の適性という意味もあるのだろうが、倉敷の師匠はかなり精霊に恵まれたタイプのように思えた

「お前いいのかよ師匠の属性ばらしちゃって

あなたも好きかも:サンド スロット
精霊術師ってそういうのかなり重要だろうに」「まぁ大丈夫だろ

あなたも好きかも:ゲーセン スロット メダル 使い道
それにあの人もちょっとは苦労してもらわないと

あなたも好きかも:桜木町 パチンコ 会社
振り回されて放置された恨みを今返す」「・・・まぁ指導方針に関しては俺はどうともいえないんだけどさ」康太や文のように一人前になるまで師匠の下で修業するようなタイプと異なり、倉敷の師匠は彼を完全に放置していた

最初に精霊を与え、いくつかの術式を教えただけであとは勝手にしろ状態だったらしいということは聞いている

それが良いことなのかどうかは正直康太にも判断できないことだったが、倉敷本人からすれば非常に苦労させられたのか、あまり良くは思っていないようだった

「だからとりあえず師匠が見つかったら俺が文句言うから、見つけたら捕縛頼むな?」「まぁいいけどさ・・・普通に連れてくるってのじゃダメなのか?別に捕まえなきゃいけないわけでもないだろ

協力してもらう立場なんだしさ」「甘い

師匠はたぶん逃げるぞ

協会からの協力要請とか面倒くさそうな内容で師匠がはい喜んでというはずがない」「・・・そういうもんなのか・・・」倉敷の師匠のことは詳しく知らないために、弟子の倉敷からそういわれてしまえばそうなのかとしか言いようがなかった

「まぁあれだよね、彼らからすればろくに支援してもらえなかった組織から都合のいい時だけ力を貸せって言われているようなものだからね・・・嫌がるのも十分納得できる話だよね」「そういわれるとそうかもしれないですね・・・都合のいい時だけ呼び出しやがって的なそんな感じか」「まぁそれもあるだろうけど、それを差し引いてもたぶん師匠は嫌がるぞ?面倒くさがると思う」「協会の危機なんだって言っても・・・まぁ同じか」今まで支援をしてくれなかった組織が都合の良い時だけその力を求めたところで、当人たちからすればふざけるなの一言だ

人によってはそれを逆手にとって支援を受けられるように要求するのかもしれないが、そういったことができるだけの交渉術を持ち合わせていないと結局のところ良いように扱われるだけになってしまう