広島駅 スロット

広島駅 スロット

「よう!龍馬まで揃って、どうかしたのか?」どうか…って

ため息を吐きたくなる気持ちを押さえて、真哉に話しかけてみる

「動いて大丈夫なのかい?」心配して聞いてみたけれど、真哉はいつもの笑顔で頷くだけだった

「ああ、心配ねえ

健康そのものって感じだな」ベッドを下りた真哉は軽く体を動かしながら翔子に話しかける

「ったく

あなたも好きかも:パチンコ ミルキーバー
翔子にまで負けるとは思ってなかったが、こうなった以上は仕方がねえな

認めてやるよ、翔子

知らねえうちに強くなったな」「ふふん♪」素直に敗北を認める真哉を見て、翔子は当然とばかりに誇らしげに頷いている

あなたも好きかも:7月7日 スロット 狙い台
「楽勝!楽勝!」「はっ!調子に乗るなよ

内心ビビってたことくらい分かってるんだからな」「んなっ!?なっ、な、何を、馬鹿なこと、言ってんのよ

あなたも好きかも:パチンコ 新規則 内容
そ、そんなわけ、ないじゃないっ」「あー?声がどもってるぞ」「う、うるさいわねっ!」「はっはっは!」大声で笑い声をあげる真哉を見ていると、それほど落ち込んでいるようには思えなかった

試合に負けたのに、結果を気にしてないのかな?真哉の気持ちは僕にもわからないけれど

負けたからといって不満を口にするつもりはないようだった

「まあいいさ

今回は負けを認めるが、次は勝つ!ただそれだけだ」敗北を認めた真哉は僕達に背中を向けて歩きだしてしまう

「どこに行くんだ?」聞いてみるけれど