ブラックジャック 海外

ブラックジャック 海外

ご主人様」「ああ、平気平気

遊びみたいなものだよ」「一体何なんですか、あの人たち

それに、お、想い人がどうこうって……」「あの人たちは、ラスティアラの家の人らしいよ

あなたも好きかも:七匠 スロット 音量
あと、想い人云々は全部嘘だから、気にしなくていい」「嘘、ですか……?」 マリアは僕の言葉を反芻しながら、僕の目をじっと見つめる

あなたも好きかも:ライズ 弓 パチンコ
言葉の裏を探ろうとしているみたいだが、こればっかりは裏表のない事実だ「ああ、嘘だ

あの手の騎士が現れたら、小芝居を見るくらいの気持ちで、マリアは下がって見ててくれたらいい」「……わかりました」 本当に納得してくれたのかはわからないが、マリアは頷いた

「それよりも、《コネクション》だ

あの魔法を試そう」 僕は本来の目的である魔法の設置を行うため、部屋の端まで歩く

 それを聞いたラスティアラが興味深そうに寄ってくる

あなたも好きかも:熱い スロット 台
「お、例のやつだね」 ここに辿り着くまでに、ラスティアラに説明は終えている

高位の次元魔法である《コネクション》がどんなものか期待しているみたいだ

「ここなら静かで、空気中の魔力も少ない

絶好の場所だ

――魔法《コネクション》」 僕は魔力を消費して、魔法の扉を生成する

 10層だとすぐに霧散したが、この20層では魔法の構築はスムーズだった

 構築するイメージにも慣れてきたもので、少ない時間で魔法を成功させることができる

 部屋の壁際に、数メートルの魔力の扉が立った

「よし、成功だ」 僕は魔力の扉を押し開いて、その先に自分の家の居間があることを確認する

「へえ、これが魔法の扉かー