ギアス r2 スロット レギュラー

ギアス r2 スロット レギュラー

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ 動いた

そう思った瞬間には、すぐ目の前に来ていた

あなたも好きかも:5号機 裏物
 慌てて攻撃を持っていた短剣で防ぐ

「くっ・・・・・・!」 たったそれだけのやり取りで、ピーチの実力の一端が分かってしまった

 とてもではないが自分では敵わない

 たった一度のやり取りで、先程とは完全に立場が逆転していた

 勿論調査の段階で、ピーチがある程度の実力を持っているのは分かっていた

 何しろ二人で三十人を超える冒険者を圧倒したのだ

あなたも好きかも:龍驤改二 スロット
 アミディオは彼らを馬鹿にしていたが、実際はそれなりに実力がある者が集まっていたのだ

あなたも好きかも:スロット 9の日
 それを二人とはいえ一瞬で倒してしまった

 それなりに実力を把握していたつもりだったが、所詮つもりだったと思い知らされた

 自分もそれなりに実力があると自負していたが、とてもではないが相手にもならないだろう

 逃げようにもとてもではないが逃げられない

 目の前にいるピーチもそうだが、先ほどまで相対していた二人が進路を妨害している

 ピーチが来るまで逃げないように出来るくらいの腕は持っているのだ

「ごめんなさいね~

さっさと終わらせるから」 ピーチがそう言った瞬間、相対していた影の背中に冷たい物が走った

 来る、と思ったときには、右腕に衝撃が来た

 すぐに使い物にならなくなったと判断して、逆の手に短剣を持ち変えた