moon shadow ブラックジャック

moon shadow ブラックジャック

 わたしと神官長を含む領主一族の入場の後、本日の主役であるゲオルギーネが入場してきた

 一目で高貴な貴婦人とわかる優雅な物腰で堂々と歩いて来る

薄いヴェールから透けて見える髪や目の色はジルヴェスターと似ているけれど、顔立ちはかなり違う

彫りが深くて、くっきりはっきりとした目鼻立ちをしている美人だ

あなたも好きかも:那覇 スロット おすすめ
 わたしとヴィルフリートが揃ってゲオルギーネの前に進み出た

ゲオルギーネが先代領主の娘であり、アーレンスバッハの第一夫人なので、挨拶はこちらから行うことになるのだ

 二人で並んで挨拶する

今まで挨拶を受けるだけだったヴィルフリートは結構苦労して憶えたと言っていた

「火の神 ライデンシャフトの威光輝く良き日、神々のお導きによる出会いに、祝福を祈ることをお許しください」 ヴィルフリートと声を揃えて挨拶すると、ゲオルギーネは赤い唇をニッコリと吊り上げる

「許します」 指輪に魔力を少し籠め、二人で祝福を終えて立ち上がると、ゲオルギーネはヴィルフリートに目を留めた

あなたも好きかも:カジノ アプリ 攻略 スロット
上から下まで眺めるように、緑の瞳がゆっくりと上下する

「まぁ、本当に、幼い頃のジルヴェスターによく似ていること」「私は父上に似ているのですか?」 嬉しそうなヴィルフリートにゲオルギーネは笑って頷く

あなたも好きかも:パチスロ 12 月 新台
「えぇ、とても

とてもよく似ていてよ」 にこやかな笑顔で、とても優しそうな声を出しているのに、わたしの肌は何故かざわりと粟立った

思わず手首を軽く擦る

妙な感じがしたのはわたしだけだろうか