ビキニ・アイランド

ビキニ・アイランド

我と戦うというのであれば、せめて対等に渡り合える力を身につけてからにするのだな

いまのおまえなど、ひとの子を踏み潰すのと大差なく滅ぼせよう

それでは、つまらぬ」「……むう」「反論しないんだな」 セツナは、伸ばした首を元に戻し、セツナの肩の上で小さくなったラグナの様子が意外に思えた

あなたも好きかも:pci スロット 外付け
さっきまでの様子ならば、即座にラムレスの意見に噛みつき、口論を発展させるものだとばかり思っていたのだが、どうやら違う

ラグナは、ため息混じりに告げてくる

「あやつのいうとおりじゃからな

いまのわしでは傷ひとつつけられぬ」「それだけ強いってことか」「当たり前じゃ

あやつは全盛期のわしと渡り合った竜王ぞ」「竜王……ねえ」 確かに王と呼ぶに相応しい威圧感と迫力、そして風格を持ち合わせているのがラムレス=サイファ・ドラースだった

現在の姿になる以前のラグナよりも遥かに強大な力を持っているだろうことは、一目にも明らかだ

あなたも好きかも:マカオ カジノ 軍資金
圧倒的だった

あなたも好きかも:海4 スロット
ザルワーンの守護龍ほどではないにしても、圧巻というほかなく、その質量だけで先のラグナをも圧倒するのではないか

つまり、あの当時の黒き矛では太刀打ちできなかったのかもしれないという結論に至り、愕然とする

 ドラゴンは、この世の生物だ

異世界から召喚された守護龍や、巨鬼とは違う

この世界に存在するすべての生物の頂点に君臨する、万物の霊長

その中でも特別な力を持っているのが、転生竜と呼ばれる種類のドラゴンであり、ラグナと彼がそれに当たる