パチンコ 右打ち

パチンコ 右打ち

そこまで敏感ではない文でもこの吐息の感覚にはなれていないためわずかに身をよじってしまう

「・・・どうよ・・・お気に召した?」「・・・うん、やっぱいい匂いだな

俺好みのにおい」「・・・前にも言ってたけど・・・どんな匂いなわけ?」「文のにおい

それ以外に言いようがないな」以前にも似たようなことを言っていたなと文は思い返しながらため息をついて次に匂いをかがれるであろう腹部へと視線を映していた

あなたも好きかも:オンライン麻雀 攻略
「それで・・・おなかも嗅ぐの?」「嗅ぐ

あなたも好きかも:まどマギ パチンコ まどか
どうせだから深呼吸してやる」「やめなさい

あんたそっちの趣味あったわけ?」「いやたぶんないと思うけど・・・なんかこう・・・あれだ、文の反応がちょっと面白かった」康太の言葉で先ほどまで匂いをかがせていた時の自分の反応を康太はしっかりと確認していたということを知って文は顔を真っ赤にしてしまっていた

康太の息が肌に触れるたびに身をよじっていたあの反応をしっかり確かめながら息を吹きかけていたのだということを知って文は唇をかむ

「あんたいい性格してるわね・・・ひょっとしてドエスの類?」「いやそんなことはないと思うぞ?たぶんだけど・・・」小百合の弟子ということもあって攻撃に特化している康太はそれだけ相手を観察する術にも長けている

あなたも好きかも:カジノ の ある デイ サービス
その技術がこんなところにまで発揮されるとは思っていなかっただけに文はため息をついてしまっていた

そんなところばかり伸ばしてどうなるのかと思いながら、文はため息をついて康太に自分の腹を差し出す

「はいどうぞ

言っとくけど深呼吸しないでよ?」「大丈夫大丈夫、そんなに深く吸わないから」そういって康太は文の制服を掴んで思い切り引っ張り上げる

瞬間文の腹が周囲の空気にさらされ、ほんのわずかではあるが文が身に着けているブラジャーが露出してしまう

一瞬何をされたのかわからなかった文だが、康太に服を捲し上げられたという事実を認識すると同時に近づいてきた康太の頭を思いきり殴る

康太もいきなりの殴打には反応できなかったのか、文の足に頭を乗せる形で痛みに悶絶していた

「いってー・・・!何するんだよ!」「こっちのセリフよ!何いきなり服脱がそうとしてるのよ!恥ずかしくて死ぬかとおもったわよ!」「腹のにおい嗅ぐっていっただろ?服上げないと腹見えないじゃんか」「服の上から嗅ぐという選択肢はないの!?ていうか今本気でびっくりしたわよ!」服の上から腹のにおいをかぐというのもどうかと思うが、まさか素肌の状態でにおいをかがれるとは文も思ってもみなかった

康太の行動は心臓に悪い、そう思いながら服をしまおうとするがそれを康太が止めた

「ダメだ、ちゃんと肌で嗅ぐぞ」「ちょっと待って・・・本気?本気なの?なんで肌にこだわるのよ」「服とかだと洗剤とかのにおいが染みついたりしてるだろ?肌から直に嗅いだほうがいろいろわかる」「わからんでよろしい・・・っていうかちょっと待って・・・もしかしてあんた嗅覚強化使ってる?」まさか自分のにおいをかぐのに嗅覚強化を使うとは思っていない文が一応確認のために聞くと康太はきょとんとしていた