ブラックジャック 無脳症

ブラックジャック 無脳症

新しく数人雇おうと思って

もしくは孤児院から、優秀そうな子を…」 と、道中僕は先生に今後の計画を説明していた

「…学園は絶対に退学するのか?」「うん…残念だけど

もし爵位返還した場合は、僕達平民になるし」「………………」 大丈夫

あなたも好きかも:集中 パチスロ
寂しいけど…友人達と、もう会えなくなる訳じゃないし

 先生にも会いに行ってあげるよー!と言ったのに無反応

あなたも好きかも:モンハン 3g パチンコ装備
苦笑いでもいいからアクションくれや!!! ところで…なんかどんどん大通りから外れてるね?薄暗い路地裏をあっちこっち…一緒に歩いてるのが先生じゃなかったら、僕逃げてるレベルだよ? 段々と先生が人攫いに見えて来たよ?怖くなってきて先生の手を握るが…側から見りゃ通報待ったなしじゃないかな?「………ここだ」 すると先生はようやく立ち止まった

 目の前には…到底事務所とかお店には見えないような建物が

 看板も何もありゃしない、ぱっと見ただのアパートメント

先生の友人、商売する気本当にあんの? 先生は僕の手を握ったままつかつかと入り込む

あなたも好きかも:パチンコ マックス機 ランキング
入って平気なんだよね…? でも中は結構綺麗…小さめの複合ビルみたい

 とある扉の前で立ち止まり、先生はノックもせず開けた

「入んぞ」「いらっしゃー」 うげ!中は書類なのか紙だらけ…

先生の挨拶(?)に応えたのは…姿が埋もれて見えん!! 声からして男性なんだろうけど、生き埋めになってない?「ああ、いじんなくていい

アイツはどこに何があるか全部把握してるから…下手に触ると喧しいぞ」 あらま

僕は男性を掘り出そうとする手を止める