釜山 カジノ 服装

釜山 カジノ 服装

「我が声が聞こえたならば、それ以上動くな! 動けば、西帝国への害意があると判断し、攻撃を加える!」 男は、部隊の指揮官なのだろう

あなたも好きかも:Golden Dynasty
彼の発言に併せて、武装召喚師たちの間に緊張が生まれた

それは、セツナたちが不穏な動きを見せれば即座に攻撃するという意思表示だ

あなたも好きかも:パチンコ 再抽選
セツナとシーラは顔を見合わせ、足を止めた

まだ、方舟から多少離れた程度に過ぎない

だが、方舟の防御障壁外には出ているという微妙な距離だった

相手側からしてみれば、まさに絶妙な機会だったわけだが、そんなことを知っているはずもない

「いきなりだな」「まあ、着陸と同時に攻撃しないだけ、まだ冷静だと想うがな」「それもそうか

ミリュウだったらとっくに攻撃してそうだ」「ミリュウが聞いたら怒るぞ」「でも、そうだろ?」「そうかもな」 セツナは、シーラのミリュウ評に思わず唸った

確かに、そうかもしれない

ミリュウは、身内には激烈なまでに甘いが、無関係な他人に対してはどこまでも冷酷になれたし、無慈悲にもなれた

警戒区域に飛び込んできた敵勢力と思しきものに無警告で攻撃することくらい、容易いだろう

「で、どうする?」「どうするもこうするも

話をするしかないだろう」 セツナが肩を竦めると、向こうから大声が飛んできた

「おまえたちは一体何者だ! 噂通り、空飛ぶ船を駆り、この地を蹂躙しに来たか!」 大気が震えそうなほどの大声を発しているのは、最初に警告を発してきた男だ