ピーチ姫 スロット

ピーチ姫 スロット

』が爆発的なヒットを記録して『このライトノベルがすごい!』文庫部門を三連覇して殿堂入りするほど好調です

 ライトノベルでこの手の「日常もの」のルーツとなりうるのは神坂一氏『スレイヤーズ』ではないでしょうか

「ドラゴンもまたいで通る」通称「ドラまた」という二つ名を持つ少女リナ=インバースが主人公です

 そこにアクの強い剣士ガウリイ=ガブリエフが絡んでのバカ騒ぎが話題となりました

『すぺしゃる』『すまっしゅ

あなたも好きかも:スロット 設定 判別 アプリ おすすめ
』や劇場版・OVA版で登場する白蛇のナーガとの凸凹コンビも人気でした

あなたも好きかも:カミュ カラフェ バカラ
 いちおうファンタジー小説なのですがリナが超越的な魔術師なためどんな困難も魔法で解決

そしてまたバカ騒ぎという流れで延々と物語は続いています

 物語は進んでいくけれども「バトルもの」「成長もの」のようにとくに人物(キャラクター)が成長するわけでもなく、かといって「恋愛もの」のようなロマンスとも縁遠い

だけど人気がひじょうに高い小説

まさしく『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている

』のパターンですよね

あなたも好きかも:スロット ウィンクル
(さすがに終盤はロマンスの色合いが強くなってきましたが)

 ことライトノベルに限れば『スレイヤーズ』が一里塚であったことは間違いないでしょう

居心地の良い環境「日常もの」が成立するには条件があります

 その状態を「居心地の良い」と皆が共有していることです

 もし誰かが「居心地が悪い」と感じたら、その環境から自然と離れていきます

「居心地の良い」と思っている人たちだけがひとつところに集まるのです

 これは実際の中学校や高校の部活や友達関係と一緒で、「居心地が良い」から皆がたむろします