スロット ヴァルキュリア

スロット ヴァルキュリア

流石にちょっと自重しようかな」 シャドウは裏拳も避け、脇に槍を挟み、そのままもう片方の手で石突の部分を押して突き出すように射出させた

 それを躱すソラヒメは、シャドウはあまり汚してはいけない貴重な人材と考え、真面目に戦う事にした

 ソラヒメはその辺の常識? 的なものも持ち合わせている

あなたも好きかも:パチンコ 65536
今まではツッコミを入れてくれる人達が居たので暴走染みたボケを幾度と無くかましていたが、そうじゃない純粋な存在を護りたいという、母性にも近い感情が働いているようだ

「何をブツブツほざいてやがる!」「別にぃ

あなたも好きかも:三重 スロット イベント日
ちょっと真面目にやろうかなって思っただけだよー」「最初から真面目にやれや!」「真面目は真面目だったよ~

次からはそれに更に拍車が掛かるって感じかな?」 疑問系で言い、加速して拳を打ち出す

それに対してシャドウが槍を突き、拳と剣尖が正面衝突を起こして停止した

「この世界じゃ槍の先端より硬い拳があんな

文字通り人間の可能性は無限大じゃねェか……!」「そうだねぇ

あなたも好きかも:まどかマギカ スロット 穢れ 狙い
元の世界じゃ鉄より硬い人間なんて居ないし、そう言う意味じゃこの世界は便利かも」「だから戻すなんて考えは改めな

テメェらは俺と親友《マブダチ》になれる人材だ

この世界で面白おかしく楽しもうぜ!」「そう言う訳にもいかないんだなぁ、これが

……私もこの世界は嫌いじゃないけど、みんなが居なくなっちゃったし、友達もどんどん減って行くからねぇ

セイヤもいつ消えちゃうか分からないし……そりゃ何十年後とか私がお婆ちゃんになったら知り合いが減少し続ける事もあるけど……それはあくまで寿命

これ以上理不尽に大切な人を失いたくないんだ

アナタ達も含めてね」 確かにこの世界は退屈しないが、それよりもソラヒメは友人と呼べる者達や家族

知り合った者達を失いたくない想いの方が強かった