オールド バカラ 花瓶

オールド バカラ 花瓶

 そして、その放課後―― 授業を終えた生徒たちがそれぞれ自由に動き出す時間

ここ、図書館にも様々な生徒たちがのんびりと集まって来ている

いつからか始まった個人部屋の悪戯のせいか、小等部の生徒の姿は少ないが、それでも、進学試験が間近な為もあるのだろう、幼い姿が数人、固まって見受けられる

個人部屋に入らなくても、静かな図書館内なら集中して勉学に励むことは出来るので、そのまま、参考書を手に集団部屋に赴く生徒も多い

あなたも好きかも:スロット モンハン 月下雷鳴 アマツマガツチ 確率
しかし、中には人がいると気が散ってしまうのだろう、真っ直ぐと個人部屋を目指す生徒もいる

あなたも好きかも:009 パチンコ 曲 モンキーマジック
手前の名簿に記帳し、それから空いている部屋のドアキーにIDカードをかざして登録

あなたも好きかも:荒川区町屋 パチンコ
そして、黙々と勉学に励む

 優樹は、「……よいしょ」と、爪先立ちをして、本棚の上の階から“算数”の参考書を手に取った

その姿はどこから見ても“小学生”だ

 放課後に入ると美代子が手配した小等部の制服に着替え、それだけでは物足りず生美の手によってお下げ髪にされ、リボンを付けられ、美代子からはだて眼鏡と小等部用の鞄と、新聞部員の妹のIDキーを借り、準備は万端

テテテッ、と、軽やかに図書館へとやって来た

どう見ても小学生の彼女に、中等部や高等部の女子生徒たちが“かわいい妹”といった雰囲気で手が届かない本を取ってくれたり、わからないところを教えてあげる、と言ってくれたり

出来る限り、顔見知りとは会わないように気を付けている、そんな優樹を影からみんながこっそりと見守った