ビッグマム ルーレット

ビッグマム ルーレット

取り寄せられる恩寵は、贈り手と贈る相手の関係性を踏まえ、尚且つ形のあるものとして受け取りが可能なものに限られる

例えば、一般人同士でこの恩寵の盃を使っても身の丈に合う品物しか動かせないのが、アルテアの言うところの汎用性の低さなのだろう

しかしそれは、不相応で手に負えない恩寵を贈られ、受け取った相手が破滅したり押し潰されないようにする為に設けられた、優しい決まり事でもあるのだ

手を伸ばし、盃にそっと触れたディノの指先が、淡い金色の光を帯びた

あなたも好きかも:a-スロット333
ふわりと温度のない魔術の風が揺れ、ディノの真珠色の髪がはたはたと揺れる

「…………おや」「……………シルハーン?」すると、そこには一人の男性が呆然とした面持ちで立ち尽くしていた

煙が湧き出た訳でも、他のことで視界を遮られていた訳でもないのだが、気付いたらそこに立っていたのだ

あなたも好きかも:偽物語 スロット プレミアカットイン
「……………シェダー?」灰色の瞳の美しい魔物の出現に呆然とそう呟いたのはウィリアムで、どうやら着替え途中で呼び出されてしまったらしい犠牲の魔物は、一拍動きを止めてから、まずは締めかけていたクラヴァットを手早く仕上げると、シャツをパンツの中に押し込み、白灰色のジレのボタンを留めた

「…………シルハーン、俺をお呼びでしょうか?」あんまりなタイミングで呼び出されたにもかかわらず、怒るでもなく狼狽するでもなく、そう柔らかな微笑みを浮かべたシェダーに、ディノは困ったような微笑みで首を傾げる

「すまない、突然呼び落としてしまったね

恩寵の盃をウィリアムに使おうとしたら、君が出てきてしまったんだ

生き物が出てくるとは思わなかったよ…………」「…………成る程、…………恐らく、触れたのが我々の王であるあなただったからこそ、それが可能となってしまったのでしょう」「…………うーん、こうして俺に向けて呼び出されると、気恥ずかしいな」「言われてみれば、確かにそうだ」ウィリアムとシェダーは向かい合って少し照れると、シェダーはこちらを見て、まずはネアに微笑みかけてくれ、その次にエーダリア達に向かって優雅に一礼した

あなたも好きかも:オールイン 富山 パチンコ
「突然の訪問で、驚かせてしまった」「いや、あなたには、部下が世話になった

このような機会でもなければ…」すかさず、ネアの上司としてきちんと挨拶してくれようとしたエーダリアだったが、シェダーはくすりと笑うと小さく首を振った

彼が高位の魔物である以上、正式な挨拶はやはりそれに伴う何かの繋がりを残す

エーダリアは分った上で声を上げたのだろうが、それを遮ってくれたのだと分る眼差しで、こちらまでほんわりと笑顔になれるような穏やかな制止の微笑みを作れるのは、この魔物の才能だろう