花の慶次 パチスロ 新台

花の慶次 パチスロ 新台

ファリアはセツナの一命を取り留めるために使ったことがあるらしいのだが、それもセツナが全身に火傷を負い、ほかに回復する手段がなかったからだ

放っておけば死ぬほどのものだったらしい

 そんな話を聞いた覚えがあった

 セツナとファリアの絆は、そこから始まっている

あなたも好きかも:パチンコ 小倉優子
「やっぱり、簡単に傷を回復したりなんてできるわけないかあ」「そんなことができたら、それだけで引っ張りだこでしょうねえ」「人生、楽そうだ」「あら、武装召喚師がそんなことをいっていいのかしら?」「はい?」「召喚武装が使えるってだけで楽な人生歩んでるって思われてるのよ、わたしたち」「確かに……」「治癒能力を有した召喚武装を使えたとしても、楽な人生は歩めないわよ

むしろ、過酷なものになるかもしれないわ」 大召喚師のいうとおりだった

回復手段を有しているからといって、人生が楽になると考えるのは浅はか以外のなにものでもない

あなたも好きかも:福岡 パチンコ
それに、召喚武装は一度召喚してしまえば、基本的に誰でも扱える代物だ

特に召喚者、契約者が死ねば、使い放題になる

治癒能力を持った召喚武装を呼び出せると吹聴すれば、、それだけで敵を作りかねなかった

「大きな力を持つということは、それだけ責任を負うということ

あの子のようにね」「隊長のことですか?」「セツナちゃん……きっといまも戦っているわ」 リネンダールに聳える光の柱は、本陣の丘からでも見ることができる

昨夜はしばらく眺めていたものだ

夜空を貫くほど巨大で膨大な光の奔流

そこでなにが起きているのかはわからない

巨鬼が活動を停止したと見ているものの、それが確かなのかもわからないのだ

確かめようにも、ここからでは確かめられない