スロット ベガスベガス

スロット ベガスベガス

 そして風音が先頭に立って黄金色の洞窟の中を歩いていると、唐突に目の前の岩から黄金のマグマが噴き出してきたのだ

それを風音はとっさに『マテリアルシールド』で弾いてダメージを回避していたが、かなり紙一重のタイミングではあった

 そして後方のルイーズが前に出たのは水の精霊を呼びだしたからだが、幸いなことにその出番はないようだった

「まーた、気付けなかった類の罠なの?」「というよりも反応が多すぎて、気付くのが遅れたっていうか」 ルイーズの問いにそう返しながら風音が周囲を見回す

あなたも好きかも:dmmゲームス パチンコ
マグマが常駐している岩が多くあるのだ

あなたも好きかも:スロット アベンジャーズ
それは『犬の嗅覚』では感じられないし『アラーム』も動きがなければ反応できない

今は『直感』によって直前に察知し、どうにか防げたというところであった

「あーもう、造った人の嫌らしい性格がにじみ出ているようだよ」 その言葉にルイーズが苦笑しながら口を開く

あなたも好きかも:福津 パチンコ おすすめ
「カルラ王は白き一団に合わせてダンジョンが変わっていくって言ってたんでしょ? 多分、アンタ対策に特化していってるんじゃないかしらね」 ルイーズの言葉に風音が「うっ」という顔になった

「ということは今後もそういうの増えてく可能性が高そうだね

あーやだやだ」 風音が肩をすくめ、他のメンバーもうんざりした顔をする

それから風音はあることを思い出してルイーズに尋ねた

「ああ、そうだ

ルイーズさん、さっきの話なんだけど」「さっきの? 何かしら?」 首を傾げたルイーズだが、すぐさま『さっきの話』に思い当たり、風音に尋ね返す

「もしかしてトールのこと?」 それに風音が頷いた

「ジンライさんの知り合いだったみたいだけど……どういう人なのかなって?」『キメラ種という話ですが、それはユミカたちが前に戦った暗殺者たちのひとりと同じ者ということでしょうか?』 タツオの言葉にルイーズが難しい顔をして口を開いた

「あたしも詳しくは知らないんだけどね