パチスロ ブラックラグーン 曲

パチスロ ブラックラグーン 曲

彼がたったひとりで、クルセルク戦争の勝利を運んできてくれたといっても言い過ぎではないのだ

 しかし、クオールは、クルセルク戦争を生き残れなかった

リネンダールに出現した巨鬼を打倒するための犠牲となって、この世から消えた

あなたも好きかも:韓国 カジノ イカサマ
セツナは、彼の援護によって巨鬼を討つことができたものの、実際は、巨鬼に眠っていた神を呼び覚ましたにほかならないのが、やっていられない

あなたも好きかも:朝一 当たりやすい スロット
とはいえ、クオールという犠牲を払ったからこそ、巨鬼を撃退し、クルセルク戦争の勝利を引き寄せることができたのは事実であり、クオールがいなければクルセルク戦争そのものがどうなったのかは想像もできない

勝てたとしても、もっと多くの犠牲を払わなければならなかったことは疑いようもない

 クオールは死んだが、召喚武装は消滅しなかった

レイヴンズフェザーは、マリク=マジクに受け継がれたのだ

マリクが勝手に受け継いだということだが、彼は、クオールの遺産とでもいうべき召喚武装を受け継ぐことができるのは自分しかいないと自負してもいた

そのとおりなのかもしれない

あなたも好きかも:悪代官 パチンコ
レイヴンズフェザーは、ある意味強力な召喚武装だ

その制御には、武装召喚師としての多大な能力が必要となるだろう

マリク=マジクほどうってつけの武装召喚師はいないというわけだ

 能力的にいえば、四大天侍ならばだれでも条件を満たしているだろうし、だれでも難なく扱うことができるだろうが、マリクを除く三人は、複数の召喚武装を同時併用するよりも、ひとつの召喚武装に全力を注ぐほうがいいと考えているらしく(状況によっては使い分けるとはいえ)、レイヴンズフェザーの扱いはマリクに任せたらしい

 ともかく、マリクはレイヴンズフェザーの召喚者となり、彼は、リョハンとガンディアを結ぶ架け橋となった

 クルセルク戦争後、戦女神ファリア=バルディッシュと四大天侍をリョハンまで運んだのも、セツナの願い通り、ファリアの誕生日プレゼントやミリュウたちへの贈り物を龍府まで運んでくれたのも、レイヴンズフェザーを行使するマリクだった